ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【衝撃事実】天空の城ラピュタ / ドーラの「40秒でしたくしな!」は海外だと「1分でしたくしな!」になって20秒の余裕(笑)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

バルス! ジブリの人気アニメーション映画「天空の城ラピュタ」。かつて圧倒的な科学力と繁栄を築いた、空中の城に住むラピュタ人たち。疫病が発生して地上に降りてから数百年。伝説となった天空の城を追い求め、ふたりの少年少女が冒険する物語だ。

・40秒でしたくしな!
そんな「天空の城ラピュタ」に、名言ともいえるセリフ「40秒でしたくしな!」という言葉がある。これは空中海賊ドーラがパズーに言ったセリフで、その緊急的な状況を表現するうえで、非常に重要なセリフとなっている。

・海外では別の言葉
あまりにも名言になっているため、日常生活で「40秒でしたくしな!」と言っている人もいるようだ。あなたも「40秒でしたくしな!」と言った事があるのではないだろうか。しかしこのセリフ、海外では別の言葉になっている。

・言葉のリズムも良い
なんと英語版では「1分でしたくしな!」に変更されているのである。どうやら、40秒というより1分と言ったほうが、英語的な表現としてシックリくるらしい。また、言葉のリズムも良いという。

・あれ1分でしょ?
もし海外の友達と「天空の城ラピュタ」の話題をしたとしても、「40秒でしたくしな? あれ1分でしょ?」という感じになってしまうので注意しよう(笑)。バルス!

https://youtu.be/Q_eTcjQoujk

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2016/01/16/laputa-castle-in-the-sky/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP