体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

5000円払えば誰でも男爵!度々話題になる自称国家「シーランド公国」って?

爵位と言えば『伯爵カインシリーズ』(由貴香織里 白泉社)が真っ先に思いついてしまいますが、現在の日本は貴族制度や華族制度が廃止されているために元伯爵は存在しても新たに日本という国の爵位をゲットすることはできません。しかし、他の国の爵位ならどうやら5000円ほどで男爵の称号がゲットできてしまうようなんです!

その爵位とは何かと話題になるシーランド公国のもの。
この国はイギリスの南東部10kmの沖合いグレートブリテン島近くにある国だそうで、国家承認されていないため「自称国家」になるそうです。

【関連:国歌『君が代』の謎―ネットで噂のヘブライ語翻訳版】

シーランド公国国章

シーランド公国国章

■シーランド公国って

けれどその歴史は結構複雑で、1967年に元イギリス陸軍少佐が海上の要塞を占拠して独立宣言を発表し、自らをロイ・ベーツ公だと名乗ったことが発端となり現在も非承認国家として存在しています。現在は2代目シーランド公が即位しています。

国家成立のためには、国をつくると宣言した後国連において国家承認されなければなりませんが、そのためには様々な法律などをクリアする必要があります。
シーランド公国は自然形成された陸地ではないために、まずは領土の問題で国家だと認められることは難しいようです。

シーランド公国の写真(オフィシャルFacebookページより)

シーランド公国全景

■でも意外と「国家」してる

じゃあジョークでしかない偽物の国かといいますと、そうではないようです。
国家放送局があったり通貨があったり、きちんと領内を巡回している兵士がいたり(1名だけ)、サッカーシーランド代表が存在していたり王子がいたりします。
そして、元首相がドイツに亡命しているという中々香ばしい歴史も。
ちなみに国土は200平方メートル。現在世界最小であるバチカン市国よりも狭いのですが、国歌もきちんとあります。

▼Sealand National Anthem by Toby Smith:
https://youtu.be/G2L2vXFXFL4

■で、爵位が買えちゃいます

そんなシーランド公国の爵位が買えてしまうとたびたび話題に上りますが、男爵は約5000円、伯爵は約34000円。そして、軍騎士団に参加できるナイトの称号は約17000円でゲットできちゃいます。ちゃんと証書も発行してくれて、公国王子の署名入り。公式サイトから購入可能でご丁寧にレビューまであるんですが、それによると大満足している人ばかりなので購買意欲がそそられてしまいます。
今の日本で伯爵になろうと思っても無理ですが、シーランド公国の爵位ならお金で買えてしまうので、この機会にちょっと男爵や伯爵の肩書きをゲットして〝~卿〟と名乗ってみたら意中のアノ子を落とせてしまうかもしれませんね!

シーランド公国の硬貨
1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会