ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

吸うだけで眠気スッキリ!「電子カフェイン吸入器」が人気沸騰中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「ニコチン・砂糖・カロリーなし」。一息入れるならコレ、と言わんばかりの謳い文句。味わう楽しみを除けば、たしかにシャキッとするための道具としてタバコもコーヒーも必要ではなくなるかもしれない。

ホームページの説明には、1本で500回まで吸引可能とある。10〜20回ほど吸えば「うぉー!やるぞ!」な状態になるそうだ。学生やビジネスマンの間ではすでに話題になっているようだけど、一体どんな商品なんだろう?

カフェインを吸引して
眠気を吹き飛ばす!


1箱3本入で24.99ドル(約3,000円)の「EAGLE ENERGY」。タバコ1本を10回ほど吸うものと仮定すれば、このベポライザー1本で50本分吸える。3本なら150本分だ。これは「メビウス」で例えると7.5箱分。7.5箱×430円なら3,225円という計算になる。そこまで大きな差はなさそうだ。

いくつか注意点はある。18才未満の人、妊婦、授乳中の女性、カフェインに過敏な人は使用できず、アルコールとの併用も厳禁。たしかに、危険なのでは?という声は多い。

だけど、このコンパクトなサイズ感はやっぱり便利だ。カートリッジにはタウリンや朝鮮人参の成分が配合されているらしい。まるで吸引するエナジードリンクみたい。

かさばらないし、

アウトドアで吸ったら美味しいかも。

日本から購入すると送料が15.13ドル(約1,800円)かかってしまうし、注文もちょっと手間。だけど、1箱分お得になる10箱セットでまとめ買いもできる。新しい一服の選択肢としてはアリかもしれない。ちょっと試してみたくなる気がするし、日本で発売されたら人気が出そうだ。

もちろん、くれぐれもカフェインの過剰摂取には要注意。その他の詳細はコチラで確認してみよう。

Licensed material used with permission by Eagle Energy Vapor

関連記事リンク(外部サイト)

体温でライトが点く「懐中電灯」。電池はもう要らない!
低コストで大量の電力を生み出す!「羽のない風力発電機」が世界を変えるかもしれない…
【要注意】寝ている間にiPhoneをアップデート。世界中で寝坊する人が続出

TABI LABO
カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP