ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドキュメンタリー映画『デヴィッド・ボウイ・イズ』の追悼上映が決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今年1 月 10 日にがんのため、この世を去った唯一無二のロックスター、デヴィッド・ボウイ。さまざまな場面で彼の生前の偉業とその栄光が語られる今、彼のこれまでの作品などをとりあげた回顧展『デヴィッド・ボウイ・イズ』を収録したドキュメンタリー映画『デヴィッド・ボウイ・イズ』の追悼上映が急遽決定。
デヴィッド・ボーイの幼少期の写真から、直筆の歌詞、オリジナル衣装、私物、アルバムアートワーク等を含む300点以上の貴重な品々が一挙公開された大回顧展を舞台に、デヴィッド・ボウイの秘話が語られる本作は、2015年1月にも日本で期間限定上映され、メイン館は連日ほぼ満席でたちまち好評を博した。今ふたたび彼に思いを馳せるべく、劇場へ足を運ぶことをおすすめしたい。

上映館:
東京 ) 新宿ピカデリー
大阪 ) なんばパークスシネマ
公開日:2016 年 1 月 23 日(土)〜 (1週間限定)
劇場 HP:
新宿ピカデリー ) http://www.smt-cinema.com/site/shinjuku/
なんばパークスシネマ ) http://www.parkscinema.com/site/namba/
料金:1800円均一
上映時間、チケット販売など、上映に関する詳細䛿、劇場へお問い合わせください。
新宿ピカデリー ) 03-5367-1144
なんばパークスシネマ ) 06-6643-3215

作品情報
タイトル:『デヴィッド・ボウイ・イズ』
原題:DAVID BOWIE IS
監督:ハミッシュ・ハミルトン(BAFTA受賞監督)
出演:ヴィクトリア・ブロークス、ジェフリー・マーシュ、デヴィッド・ボウイ、山本寛斎
尺:98分 製作国:イギリス
言語:英語 字幕:日本語字幕あり
日本作品情報HP:http://www.culture-ville.jp/
配給に関するお問合せ: カルチャヴィル合同会社(配給) info@culture-ville.jp

(C) 2014 V&A MUSEUM

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP