ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SMAP騒動 「STAP細胞」とかけたダジャレは危険

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 SMAP解散騒動の会話にオッサンも絡んでいきたい。しかしどう絡んでいいのかわからない。だって、もともとファンじゃないんですもの。というわけで、大人力コラムニストの石原壮一郎氏が「SMAP解散騒動に対するオッサンとしての大人な語り方」を伝授する。

 * * *
「えええー、SMAPが解散だって! それは一大事!」

 ニュースを聞いて、反射的に立ち上がった人も多いでしょう。同僚のジャニーズ通の女性に「ど、どういうことなの?」と裏事情を聞こうとしたり、ネットでいろんな記事を探したりもしたかもしれません。

 気持ちはわかりますが、まあ落ち着きましょう。SMAPのこと、とくに好きだったわけじゃないですよね。もちろん前々から大ファンだった方は、どうぞ存分にアタフタなさってください。デビット・ボウイの訃報を受けて急に昔からの大ファンだったような顔をして悼むのはまだ少しはかわいげがありますけど、SMAP騒動についてしたり顔で今後の見通しを語っているオッサンの姿は、けっこう痛々しい印象を与えます。

 疎いジャンルだけど大騒ぎになっている出来事に対して、オッサンにはオッサンのスタンスがあり語り方があるはず。オッサンはSMAP騒動をどう扱えばいいのか。大人としての貫禄がにじみ出る、それでいて微笑ましいコメントを考えてみましょう。

 オッサンのサガとしてぜひトライしてみたいけど、大けがを負う可能性が高いのは「SMAP騒動」と「STAP細胞」をかけたダジャレ。オフィスで雑談をしているときに誰かが「SMAPは解散するんでしょうかね」と言ったら、甲高くて舌足らずなしゃべり方で「STAP……じゃなくて、SMAP解散はありまふ!」と返します。

 さらに、周囲が呆気にとられているうちに「いやでも、そう言っていても結局はなかったから、今度もないかもね」とかぶせましょう。そうすることで奥の深いダジャレのように聞こえるし、SMAPファンに対するやさしいフォローにもなります。

 彼らの芸歴の長さを振り返りつつ、自分のサラリーマン人生にかぶせてみるのも一興。SMAPのデビューは1991年で、今年でデビュー25周年です。25年といえば、新入社員が50前のオッサンになるのと同じぐらいの年月。自分が入社20年以上だったら「彼らも長くがんばってきたんだなあ。いろいろあっただろうなあ」と感慨深げに語ることで、大人の深みを漂わせつつ、SMAP並みの大物になれた錯覚を覚えることができるでしょう。

 オッサンの得意技である豆知識方面で攻める手もあります。SMAPの語源(「Sports Music Assemble People」=スポーツや音楽をやるために集められた人々)を覚えて、折を見て「そういえばさあ」と披露し、頭を書きながら「いやあ、今回の騒動で初めて知ったよ」と呟けば、騒動の最中でも自分のペースを見失わない大人の落ち着きや人間のでかさのようなものを表現できるかもしれません。

 まだ真相はわかりませんが、今回の騒動はSMAPを育てた女性マネージャーとジャニーズ事務所との軋轢が原因とも言われています。同年代のオッサン同士で飲んだときは「どの上司や重役に誘われたら、会社を辞めてついていくか」という話に花を咲かせるのはどうでしょう。日頃からオッサンが得意とするフィールドの話題だけに、手堅く盛り上がるはず。いつもは社内のつながりに関して口が堅い同僚も、SMAPの話題ということで油断してポロッと本音を漏らす可能性もあります。

 ただし、慕われている実感が欲しいという目先の欲にかられて、自分が面倒を見ている部下や後輩に「もし俺が、あのマネージャーみたいにいっしょに独立しようって言ったら、どうする?」と聞くのは厳禁。半ば無理やり「もちろんついていきます」と言わせるのは立派なパワハラだし、相手が正直なタイプで言葉に詰まったらそれはそれでショックです。

 とくにファンでもなく深い興味もないオッサンにも、これだけ幅広い語り方を提供してくれるSMAP。やはり、並外れて巨大で偉大な日本の芸能界にひとつだけの存在と言えそうです。せめてものお礼として、事態がいい方向に進んでいくことをちょっとずつ祈りましょう。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
SMAP分裂 出ていく4人が得る利益は決して多くない
中年の病院院長 SNSに若い女性との「混浴なう」写真投稿
SMAP上海公演中止 中国政府に対し中国人ファン激怒

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP