ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小林よしのり氏「不文律残る日本よりも無秩序な中国が心配」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本の安全保障は米国依存で、日本人の持つ伝統的な価値観が失われている──との指摘は多い。だが、漫画家の小林よしのり氏は、「日本独自の道義やバランス感覚といった不文律は残っている。この不文律を守るのが本当の保守だと思っている」と話す。

 新刊『大東亜論第二部』で日本人の精神性の復興を説く小林氏が、国際政治学者・三浦瑠麗氏と「新時代の安全保障」を語り合った。

三浦:保守派がアメリカに依存する背景には、中国に対する恐怖があります。ただ一般の国民は米国を意外に冷静に見ています。日経新聞の世論調査では、中国が台頭する中で日米同盟に不安を感じない国民は2割以下に過ぎません。

 いまアメリカはイラク戦争とアフガン戦争の後遺症で、国際紛争の現場から距離を置きはじめています。尖閣で何か起きてもアメリカは守ってくれません。自国の民意に反してまで、大国である中国と軍事対決はできないのです。

小林:わしはアメリカを突き放す方法を考えているんだけど、三浦さんはアメリカが逃げていくと見ているんだね。

 わしも巷で語られている中国脅威論には疑問がある。いざ戦争が起きたとき人民解放軍がどこまで戦えるのか。日清戦争のときのようにクモの子を散らすように逃げ出してもおかしくない。

三浦:私は中国恐怖症を数字で語るから本質が見えなくなっていると思うんですよ。保守派は中国のGDPが日本の2倍に、軍事費が3倍になったから危険だという。

 けれど、何をしてくるか読めないことが中国の本当の脅威なんです。自らの原理原則を持たずに対処すると、日本自身が中国のような国になってしまう危険性がある。

小林:覇道には覇道をと考えたら、中国人になります。

三浦:だから中国が脅威だと煽りすぎることは逆効果なのではないかと思います。

小林:そもそも中国が強硬な態度をとり続けるのは日本に対する恐れの表れ。

 独裁国家だから、日本を敵として徹底的に叩いてナショナリズムを煽らないと内部から崩壊してしまう。もっとも危険なのは、人民解放軍の兵士たちが日本の脅威を教育で植え付けられていること。政府の意向とは関係なく、尖閣諸島で兵士が暴発してしまうととんでもないことになる。

 ただそんな状況になれば、自衛隊は4時間で中国海軍を壊滅させるから、逆に中国内部が崩壊してしまう。中国各地で暴動が起きるだろうから、解放軍を国内に差し向けなければならない。中国大陸が血の海になる。

三浦:もしもそんな状況になったら尖閣諸島どころではなくなってしまいますね。

小林:そう。不文律が残っている日本よりも、わしは無秩序な中国が心配で心配でなんとかしてあげなきゃと考えているんだ(笑)。

●小林よしのり/1953年福岡県生まれ。漫画家。2015年は、『新戦争論』『卑怯者の島』『9条は戦争条項になった』『大東亜論第二部 愛国志士、決起ス』を発表。小誌『大東亜論』連載は、第三部「自由民権篇」に突入し、日本の“民主主義”の源流を描いている。

●三浦瑠麗/1980年神奈川県生まれ。国際政治学者。東京大学農学部卒。同法学政治学研究科修了(法学博士)。現在、東京大学・日本学術振興会特別研究員。山猫総合研究所代表。著書に『シビリアンの戦争』『日本に絶望している人のための政治入門』など。

※SAPIO2015年2月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
アメリカの原爆投下に戦争責任はないのかを真正面から問う本
中国の軍拡事情を産経新聞論説委員・古森義久氏が分析した本
元外交官が「米国にとってネットは言論操作の場所」と説く書

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP