体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

理学療法士が世界一周。特技を生かして旅をしたら、こんな世界が広がっていた

こんにちは!世界を旅する治療家のカキザワです。どうせ旅するなら面白い事をしたい!!旅に出るにあたってこのような思いを持つ方は多いのではないでしょうか。

理学療法士が世界中の人500人を施術しながら旅をするとどうなるのか?ここではその方法や日常をご紹介します!自分の特技を活かして旅を100倍楽しくしましょう!

 

理学療法士って?

9

Photo by KAKIZAWA

理学療法士は厚生労働省が定めた国家資格です。肩こり・腰痛などの身体の不調や病気などにより生活を送る上で困ることに対してその人の動きの特徴、住まいの環境、姿勢、柔軟性、筋力、などを細かくチェックして医学的にサポートをすることができます。

イメージでは「骨折したおじいちゃんのリハビリで歩く練習を隣でサポートする白衣のお兄さん」が思い浮かぶと思いますが、実はそれぞれ得意分野がありスポーツ現場、高齢者、地域、小児、産前産後、骨折、脳卒中、心臓、癌、産業、中医学、テクノロジーなど多くの場所で活躍することができます。

生活全般で困ることを多方面から支えることができる身体と生活のプロフェッショナルと言えます。

 

どうやって施術するの?

図1

Photo by KAKIZAWA

無題

Photo by KAKIZAWA

舞台は世界になりますので世界中の旅先での言語を使用して交渉する必要があります。僕は「身体の痛みや疲れ」に対して施術ができるので現地の言葉で看板を作り呼び込みをします。

特に気さくな東南アジア、南米の人たちは「何だ、何だ」とすぐに興味を示してくれます。

 

どこで施述するの?

1

Photo by KAKIZAWA

4

Photo by KAKIZAWA

o0449060513419819092

Photo by KAKIZAWA

路上や宿先、はたまた砂漠、お寺、山の上etc…特別な道具はいらないので場所はどこでもOKです。なるべく人は多すぎず少なすぎず、目立つところ人が集まりやすいです!

またその他の工夫として南米などの熱い地域では夕方の涼しい時間帯を狙ったり、疲れてるであろうトゥクトゥクの停留所などで治療院を開いたりします。場所や工夫次第で人の集まりが全然違うので重要なポイントです!

 

誰を施術するの?

5

Photo by KAKIZAWA

6

Photo by KAKIZAWA

o0501051713281329244
1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy