ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「きょうだいが憎い! カインコンプレックスを生みやすい

DATE:
  • ガジェット通信を≫


兄弟姉妹の間で起こる憎しみや嫉妬の葛藤を“カインコンプレックス”といいます。差別的に親の愛情を受けて苦しんだ原体験は、きょうだい以外の人間関係にも投影されていくというから深刻。では、カインコンプレックスを生みやすい環境、親の言動とは?
東京学芸大学准教授の松尾直博先生に、おもなケースを挙げていただきました。

【もっと大きな画像や図表を見る】

(1)きょうだいいずれかが容姿、勉強、スポーツ・芸術などの才能に優れているケース
どちらかのきょうだいが突出した才能や能力を持っている場合、どうしてもそうでないきょうだいは親からも世間からも比較されてしまいがち。

「突出した才能や能力を持っている子の場合は、親はもちろん世間からも注目され、称賛されます。でも、そうでないきょうだいは、ただでさえ世間から比較の目で見られてしまうのに、親からも比較・差別されてしまったら逃げ場がありませんね。誰がなんと言おうと、親こそがその子の個性やいい部分を称賛し、認めてやることが大切です」(松尾先生 以下同)

(2)親の価値観できょうだいを差別・比較してしまうケース
親の価値観で優劣を判断してしまうケースもあるという。

「親御さんのなかには、自分の価値観が優劣の判断基準になってしまう場合があるんです。というのは、自分自身がスポーツが得意だから、子どももスポーツが出来なければいけない。と、スポーツができる子ばかりを称賛し、スポーツが苦手なきょうだいと比較してしまうんです。例えば、その子は絵を描くことや歌うこと、文章を書くことなど別の才能があっても、“そんなものできたってしょうがない”と、認めてやらない。そういうケースもあるので、親はぞれぞれの個性を認め、決して親の価値観できょうだいの優劣を判断しないように気を付けてください」

(3)二人きょうだい、年齢が近い同性のきょうだいはこじれやすい
二人きょうだいは、問題がこじれやすいという。

「親御さんがどちらかに注目すれば、もう一方は注目されない。といったように、二人きょうだいは利害が対立しやすいんですね。しかも、他のきょうだいがなだめ役にもなれない環境なので、とてもこじれやすいです。ただし、きょうだい関係はそれぞれですので、三人きょうだい以上でも、二人きょうだいよりもこじれることはあります」

さらに、類似性がより強い同性・同世代のきょうだいは葛藤が大きいという。

「年齢が離れたきょうだいや異性の場合は、比較対象になりづらいですし、本人たちもライバル意識が起こりにくいです。逆に類似性が強い同性・同世代のきょうだいの場合は、できることや習い事など共通する点が多いので、本人たちも意識してしまいますし、親御さんもつい比べてしまうんですね」

(4)きょうだいが、なんらかの障害や疾病を抱えているケース
カインコンプレックスは、こんな意外なケースにも影を落とす。

「きょうだいのどちらかが障害や疾病を抱えている場合も、カインコンプレックスを生むことがあります。親御さんは障害を持っているお子さんにかかりっきりになり、周囲の人も気遣います。きょうだいもそれを理解して“障害があるんだからしょうがない。お母さんも大変だし…”と、どんなに寂しくても我慢します。その我慢があるとき爆発してしまうんです。子どもはどんな事情があろうと、親の愛を求めています。そのことをしっかり理解し、日ごろ我慢している子には、特別な時間を作ってあげるなど、フォローを忘れないでください」

このように、気づかぬうちに親がきょうだいを追い込んでしまうことも。もし、環境や言動に心当たりのある方は、ぜひ今日から接し方を改善してみてください!
(構成・文/横田裕美子)

記事提供/ママの知りたいが集まる『mamatenna(ママテナ)』
(R25編集部)

「きょうだいが憎い! カインコンプレックスを生みやすいはコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

きょうだいゲンカ、上手な仲裁は“上の子を立てる”
きょうだいゲンカ、親が止めるのはどこから?
「身体にまつわる都市伝説」の過去記事一覧
女心がわかる!? ホンネの恋愛事情 記事一覧
毎日更新中【激撮!感動の一瞬】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP