体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ファミコンにもアダルトゲームがあった! 『ボディコンクエスト』や『ハイレグファンタジー』等

良い子のテレビゲーム機『ファミリーコンピューター』(以下、ファミコン)は、任天堂が開発した家庭用ゲーム機です。任天堂はとてもアダルト要素に厳しいメーカーで、ファミコン時代は現在よりも厳しい基準でゲームを販売していたと聞きます。

ですが、実はファミコンにもアダルトゲーム、つまりエロゲー(アダルトゲームのこと)と呼ばれるゲームが存在したのをご存じですか? 本当にファミコンにはエロゲーが存在し、そしてちゃんと販売もされていたのです。

そんなファミコンのエロゲーとして有名なのが、『ボディコンクエスト』(ファミコンディスクシステム用ソフト)です。非常に『ドラゴンクエスト』にそっくりなゲーム画面をしており、モンスターとして女の子が登場します。しかも女の子が服を脱ぎ、そして18禁な画像が表示されます。まあ、18禁な画像といってもそれがセクシーかどうかは別ですが……。

また、『ボディコンクエスト』が人気だったのか、次回作として『ボディコンクエスト2』が開発され、それはPCエンジンで発売されました。PCエンジンでは『ハイレグファンタジー』というエロゲーも発売されています。

ちなみに、当然ながらどのゲームも任天堂やNECのライセンス契約を無視してつくられたもので、完全なる非公認ゲームソフトです。それでもエロに目覚めた青少年たちが、ファミコン画質のエロゲーに興奮したのは言うまでもありません。

※この記事は、ガジェ通ゴールドラッシュの「pinky」が執筆しました。[リンク]

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy