ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シカゴの新定番スポット!まるごと美味しいイタリアの室内マーケット

DATE:
  • ガジェット通信を≫


(C) facebook/Eataly Chicago

シカゴのダウンタウンにある、イタリアの豊かな文化を体感できる「EATALY(イータリー)」。2013年末のオープン以来地元の人々のあいだで人気を集め、シカゴでも注目のグルメスポットの一つとなりました。


(C) facebook/Eataly Chicago

シカゴのEATALYはアメリカ第1号店となるニューヨーク店よりも広く、吹き抜けもあり開放感たっぷり。イタリアの食材や雑貨、カフェやレストランが揃い、建物全体がまるでイタリアにいるかのような空間。EATALYは本国イタリアのトリノをはじめ、ミラノ、ジェノバ、ローマなどで展開している食材店。日本では代官山などにも支店があります。


(C) Nao

EATALYのレストランは食材別に「肉」「魚」「野菜」「パスタ&ピッツァ」といったように分けられています。カジュアルな雰囲気で本格的なイタリアンを味わえるのが魅力。


(C) Nao

ナポリから取り寄せたという大きな石釜。カウンター席では職人の手仕事を見ながら食事できますよ。


(C) Nao

もちもち&ふっくらの生地のマルゲリータ。トマトソースは濃厚で酸味のバランスがよく絶品! シカゴにはおいしいナポリピッツァが食べられるお店が少ないので、とても貴重な場所でもあります。


(C) facebook/Eataly Chicago

チーズや生ハムなどをいただけるワインバーもあります。グラスワインの種類が豊富なのもEATALYのいいところ。旅行や出張などで、ちょっと簡単に何かつまみたい時にも便利ですよ。


(C) Nao

カジュアルながらも洒落たインテリアのEATALY。カウンター席もあるので一人でも気軽に利用できます。


(C) facebook/Eataly Chicago

シカゴで一番と思われるほどのイタリアワインの品揃え。デイリーワインから、1000ドルを超える大物まで幅広いラインナップ。特にバローロをはじめ、ピエモンテ産の赤が充実しています。


(C) Nao


(C) Nao

乾燥パスタも種類豊富! 定番のパスタから普通のスーパーでは手に入りにくいものまで揃い、見ているだけでも楽しくなりそうです。


(C) Nao

料理にまつわる本コーナーも。色鮮やかなディスプレイに目を奪われます。


(C) facebook/Eataly Chicago

EATALYには料理を学べるクラスもあります。シェフがデモンストレーションするスタイルで、食材やワインについての説明も丁寧にレクチャー。もちろん最後には完成したお料理やワインもいただけますよ。一回だけの参加も可能。

イタリアの食文化を一挙に体感できるグルメスポット、EATALY。旅行でシカゴに来られた方、シカゴ近くにお住まいの方などは、ぜひ立ち寄られてみてはいかがでしょうか?

[EATALY]

TABIZINE
カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP