ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【自然のアート】氷点下15℃で「シャボン玉」を膨らませたらこうなる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

マイナス15度の環境で膨らませたシャボン玉。それが、どうなるか一部始終を捉えた映像を紹介します。透明なシャボン玉の表面に、氷の結晶が伸びていく様子は必見!最後は、正真正銘スノードームのできあがり。

凍ったシャボン玉は
スノードームのように美しい

【自然のアート】氷点下15℃で「シャボン玉」を膨らませたらこうなる

娘:パパ、コート着てお外出るの、あたしイヤなの。
父:パパたってそうさ。でもね、外はすっごく寒いんだ。
娘:じゃあ、どのくらい寒い?説明して。
父:ほら、見てごらん。シャボン玉だって凍っちゃうくらいさ。

ポーランド・ワルシャワに拠点をおく写真家Pawel Zaluskaさんが、シャボン玉が凍っていく瞬間を作品にする、キッカケとなったエピソードです。3歳の愛娘の好奇心を満たす、最良のアイデアだったZaluskaさん。

#frozen #bubble #winter ❄️

@zaluskartが投稿した動画 – 2016 1月 4 8:41午前 PST

つくり方はこんな感じ。まずは氷の土台の上で、ゆっくりシャボン玉を膨らませていきます。ぽよんっ。土台にシャボン玉が落ちるや、小さな星形の結晶が表面を走っていくのが見えるはず。

撮影はマイナス15度の外気温の中、シャボン玉が割れずに結晶化できたのは、全体のわずかに5〜10%ほど。「Mother Nature Network」が、愛娘を喜ばすためのパパの奮闘ぶりを伝えています。

凍るシャボン玉
結晶成形の瞬間

【自然のアート】氷点下15℃で「シャボン玉」を膨らませたらこうなる 【自然のアート】氷点下15℃で「シャボン玉」を膨らませたらこうなる

まるでカットグラスの文様のように、シャボン玉の表面に複雑な結晶が走って行く様子が分かります。結晶に覆われたシャボン玉は、おおよそ30秒くらい形を留めていた、とZaluskaさん。透明の球体の表面に、じわじわと氷の模様が浮かび上がる動画は最後に。

【自然のアート】氷点下15℃で「シャボン玉」を膨らませたらこうなる 【自然のアート】氷点下15℃で「シャボン玉」を膨らませたらこうなる 【自然のアート】氷点下15℃で「シャボン玉」を膨らませたらこうなる 【自然のアート】氷点下15℃で「シャボン玉」を膨らませたらこうなる

それぞれ微妙に結晶の文様が異なります。同じ結晶が2度できるとはありません。

最後は、プッシュ〜ッ
やっぱり、儚い。

【自然のアート】氷点下15℃で「シャボン玉」を膨らませたらこうなる 【自然のアート】氷点下15℃で「シャボン玉」を膨らませたらこうなる

Reference:Mother Nature Network
Licensed material used with permission by Pawel Zaluska,(Facebook)

関連記事リンク(外部サイト)

【検証実験】カラスの知能が、もはや脱帽レベルだと判明(動画あり)
【実験動画】美女が服を脱ぐと、ケンカは止まるのか?
【完全予約制】中目黒にオープンした「スヌーピーカフェ」が気になる

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。