ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

男子は「女子の手料理」が正直しんどい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アラサー男子のホンネ。それは「恋愛がしんどい」。
女子は恋愛をがんばるけど、そのがんばり、男子にちゃんと届いてる? 意外と男子はしんどいって思うことがあるんです。
今回のテーマは、男子は「手料理」が正直しんどい。一体、何がどうしんどいのか。男子のホンネを聞いてみました。
1.「手料理とかはまって、家で作って待たれてるのとかしんどいよね。自由が奪われる」(26歳・保険)
2.「リアクションをするのがしんどい。別にうまいけど、驚くほどうまくはないからね」(33歳・IT)
3.「どう考えても店で食べたほうがいいよね。待たなくて済むし、雰囲気もあるし、レパートリーも多いし」(28歳・証券)

1.家で待たれるのがしんどい

彼女が、妻のように家で料理を作って待っている。
たまの出来事ならうれしいですが、はまって毎日やってきて作られるとしんどいものです。
「1日の終わりの食事くらい自由にさせてくれ」と思われるでしょう。

2.リアクションがしんどい

いちいちリアクションをとらなきゃいけないのが、しんどすぎます。
「うん! おいしい!」という白々しい演技を何度もするのは、本当に疲れてしまいます。
「褒めて」という顔で待っている彼女の姿勢がストレスなのです。

3.正直、お店のほうが何もかもいい

記念日などに手料理を振る舞おうとする女性がいますが、男性は、せっかくの記念日くらい豪勢にお店で食べたいと思っています。
料理教室で習ったスペシャルレシピを試されるなんてまっぴらごめんです。

本当によろこんでいるかチェック

男性にとっては、「手料理に魅力を感じない」「リアクションに困る」「店に行きたい」というのがホンネです。
家庭的アピールをしたくても、ひけらかすものではありません。
料理教室に通いだした成果を確認するためにつきあわせるのはやめましょう。
彼の家に料理道具なんかをそろえ出す前に、彼のリアクションを見極めましょう。
image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP