ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自民党の参院選目玉候補に「松下奈緒」が浮上している

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「改憲政党で3分の2を目指す」との安倍首相の“号令”を受け、今年7月の参院選で大幅議席増を狙う自民党。大量得票を狙うべく“目玉候補”として東京選挙区(定数12、改選6)から意外な人物の出馬が取り沙汰されている。2010年にNHK朝ドラ『ゲゲゲの女房』でヒロインを務めた女優・松下奈緒(30)だ。参院の被選挙権を得たばかりの松下だが、実は安倍政権とは縁がある。

「以前、松下さんのいとこは安倍首相最側近の加藤勝信・一億総活躍担当相の事務所秘書をしていたことがある」(全国紙政治部記者)

 その関係からか、日本とポーランドなど東欧4か国(V4)の交流年となった2014年、親善大使に任命されたのが松下だった。その前年6月には、「親善大使就任予定者」として安倍首相のポーランド訪問に同行して“外交デビュー”も果たし、安倍首相から〈松下さんのご活躍により、日本とV4各国がそれぞれをより身近に感じるようになったのではと思い、深く感謝申し上げます〉といった感謝状が贈られた。

「東京音大卒でピアニスト・作曲家としても活躍し、スキャンダルのない清楚なイメージの松下さんなら、都市部では一定の票が見込める。与党に追い風の選挙戦なら十分に当選圏に入ってくる」(同前)

 松下の所属事務所は「出馬はありえない」と一笑に付すが、芸能関係者は言う。

「彼女は震災後に積極的にボランティア活動に参加するなど、社会貢献活動に関心を示している。事務所としては稼ぎ頭ですから難色を示すでしょうが、本人の意思次第では電撃出馬宣言もあるかもしれません」

 ゲゲゲな結末となるかも!?

※週刊ポスト2016年1月29日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
SAPIO人気連載・業田良家氏4コマ「例え話国会」
安部首相ウェブマガジンから44本の記事を厳選・再録した本
松下奈緒 父の社宅を引き払い2億円のゲゲゲ御殿建設

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP