ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日テレ伊藤綾子アナに見る 女子アナ“お友達”事情

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、女子アナの“お友達”事情をするどく追求。

 * * *
 DAIGOと北川景子の結婚報道でリードしていたのは、二人が親密になるきっかけを作った『火曜サプライズ』、DAIGOがレギュラーをつとめる『天才!志村どうぶつ園』『幸せ!ボンビーガール』などがある日本テレビだった。

 会見が行われたのは『火曜~』と『~ボンビーガール』のオンエア日。この2番組は緊急特番&生対応に。さらに翌日はDAIGOが出演するドラマ『ヒガンバナ~警視庁捜査七課~』(主演は堀北真希)の初回…と、日テレが仕切る意味がありすぎる日程だったのである。

 そんななか、ひじょうに驚かされたのは、同日夕方の『news every.』で、エンタメコーナーなどを仕切る伊藤綾子キャスターが「北川景子さんのお友達」として藤井貴彦アナに紹介されたことである。

 北川の同番組出演をきっかけに親しくなったという伊藤綾子は“月2”で食事に行く仲だとか。途中からDAIGOが合流することも多く、彼が登場すると北川の表情や言動が変わる…というエピソードや、飲食店での北川と伊藤のツーショット写真も公開されたのだ。

 以前から、報道のスタッフから伊藤綾子の“評判”を多数聞いていた私。忘れられないのは、「本気で向井理を狙っている」(彼が未婚の頃の話)と「俺に気があるんじゃないかと男性スタッフの多くが勘違いしている」、そして「喋るとき、近すぎる」という3つだった。つまり、あり得ない距離で近づいてきて、多くの男性に好き好き光線を送り、でも狙っているのは向井理(笑い)。そんな伊藤綾子に、他の女子アナとは異なる種類の“上昇志向”を見た私だった。

 そんな伊藤綾子サンには、度々『踊る!さんま御殿!!』に出てもらっている。最初、彼女が出演することになった際、提出してもらったアンケートの内容があまりにも優等生だったため、上記の3エピソードを会議で発表させてもらったことは以前にも書いた。

「この人、ツッコめば絶対面白いと思うんで」という私の提案で、共演した女優の柴田理恵サンがその役割を担ってくれて、伊藤綾子は初回から女芸人(別名・醜女軍団)の“敵”になった。

 特に名前が一字違いの“いとうあさこ”の伊藤綾子に対する噛みつき方は尋常ではなく、いまや二人は『~御殿!!』スペシャルには欠かせなくなっている。なぜスペシャルなのかというと、収録時間の関係で、『~every.』の伊藤綾子はレギュラー回には出演できないのである。

「伊藤綾子の“every.終わり”を待って」の収録というのもまた、『~御殿!!』において彼女が“特別”である所以である。

 とはいえ、神田愛花アナのように天然さんでもなければ、住吉美紀アナのように何かを捨ててしまったようなタイプでもナシ。もちろん吉川美代子サンのように、決して自分のポリシーを曲げないキャリアもない伊藤綾子キャスター。しかし、彼女には“超現役感”と“女のプロ感”がただよっているのだ。

 話を北川景子に戻そう。実は主役を張るような人気女優さんには友人が少ないと聞く。以前私が担当していた旅番組で「友人と」とオファーをすると、女優が名前を挙げてくるのは決まってスタイリストやメイクさんだった。よほど著名な裏方さんでない限り、「それはちょっと…」とお断りすると、あとはだいたい、格下の女優や事務所の後輩に。なかには、男性お笑い芸人や俳優を指名してくる人もいた。

 つまり、並んで自分の邪魔にならない人を自身も事務所も選択するということ。トップ女優とは孤高なのだと知った瞬間である。

 北川も、自分より年上の“きれいで知的なおねえさん”だけれど、自分とは絶対かぶらない、ネームバリューでもこの先、自分が負けることは絶対にない、ということで伊藤綾子を選んだのかもしれない。しかも報道番組のキャスターという立場上、DAIGOとのことをペラペラ喋るハズはない。そこでも伊藤は信用されたのだと思う。

 だが、伊藤綾子の“評判”を聞いていた私は、彼女には彼女なりの狙いがあったように思えてしかたがないのである(苦笑)。

 かつて、フジテレビの中井美穂アナは鈴木保奈美と親友で、一緒に海外旅行に出かけるような仲だった。が、中井さんは常に「私なんかを親友と言ってくれるなんて申し訳ない」というスタンスを崩さず、自分からは決して「鈴木保奈美と親友」などとは言わなかった。

 最近では、元・日テレの森麻季アナが澤穂希さんと仲良しであることが度々スポーツ紙に紹介される。澤さんは女優ではないが、プロ野球選手と離婚後も、“読売”テレビでレギュラーを持ち、頑張っている森麻季のイメージアップに澤さんが貢献していることは間違いない。

 で、北川景子の“友人”伊藤綾子キャスターである。DAIGOと北川景子の結婚会見の翌日も『スッキリ!!』に“友人代表”としてVTR出演し、コメントしていた彼女。繰り返しになるが、北川にとってはそうプラスになる相手ではないが、絶対にマイナスイメージにはならない存在。地方局出身で、県で評判の美人で、いまは在京局の夕方のニュースで人気のフリー女子アナは、女優の邪魔にはならないのである。

 でも、でも、伊藤綾子にとって、北川景子の存在と、そこから広がるネットワークは計り知れない。向井理はもう結婚してしまったが、人気俳優と知り合うことができるかもしれないし、事務所の先輩・中田有紀キャスターのように人気ミュージシャンと知り合うことも期待できる。

 昨年のクリスマス、「仕事帰りに一人でチキン一つを買って自宅で食べていたら涙が出てきた」という過去のエピソードを『~御殿!!』で話してくれた伊藤綾子キャスター。今年こそ北川景子にあやかって、“お話”がまとまるのでは?と思うのは私だけだろうか…。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
人気衰えぬ高島彩 ただし出演依頼時に「絶対のNG事項」あり
テレ東・大江アナ 局内外の圧倒的支持「テレ東女王の座」に
高島彩が11位 女子アナ潜在視聴率トップ20を発表

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP