体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

MY FAVORITE 5 SONGS THE JACK MOVES

jackmoves

 

ミュージシャンがお気に入りの5曲をセレクトする大好評企画第9弾。まるで60~70年代ソウル黄金期の名盤のような佇まいと評され、ストリート・カルチャーが生んだ甘くやるせないモダン・ヴィンテージ・ソウル・サウンドを奏でる期待の新星、ザ・ジャック・ムーヴス選ぶ5枚を紹介。

 

jackmoves_showbiz


Showbiz & A.G. / Runaway Slave

とにかくこのレコードに関するすべてが素晴らしいんだ。タイトルからキックドラムまで完璧。なぜShowbizが韻を踏むのをやめてしまったのか、俺には理解できないよ。俺の視点からすればA.G.よりも上手だったように思うれど、彼はきっと制作に夢中だったんだろうな。それにこれもちょっと言い過ぎかもしれない 、なんせこのユニットはA.G.の存在あってこそだから!この作品はShowbizやDiamond D、Lord Finesseみたいな偉大なプロデューサーがHip-Hopのプロダクションを全く別のレベルへと引き上げるきっかけになった初期のアルバムのひとつだ。彼らほどヤバいものをサンプリングしてるやつってほんの一握りだったんだ、でもそういうやつらこそが本物だった。おまけにこのアルバムには歴史上最も偉大なラッパー達のうちの一人であるBig Lが初めてフィーチャーされてるってのも本当に凄い。これだけでもこの作品がどれだけヤバいかってことがわかるよ。

jackmoves.bluemagic

Blue Magic / S/T

その名の通り魔法使いみたいなTed “wizard” Millsの手腕によって、Blue Magicには常にミステリアスなブードゥーのヴァイブスがあった。このちょっとおかしなやつらは、流麗で最もすばらしいリズムセクションであるTSOP(フィラデルフィア・サウンド)の代表格。 “Spell”、“Sideshow”、そして “What’s Come Over Me” みたいな曲はすごく柔らかくて繊細で、いつも魂を落ち着かせてくれるんだ。

jackmoves_guns

Guns N’ Roses / Apetite For Destruction

このアルバムが発売されたおかげで、俺はタバコを吸うようになったんだ。ほんとに悪いやつさ。俺はMr.Brownstoneがなんなのかわかっちゃいなかったけど、関わったらヤバいってことだけは感じてた。で、彼が夜行列車にいると言ったとき、俺はそのころまだ酒も覚えていなかったけど、彼が話していた内容はなぜか理解できた。彼は当時テレビで観てたラッパーみたいにヤバかった。こいつはマジでイカれてるって思ったのを覚えてる。それからこのぶっ飛んだアルバムが出た。このアルバムの曲はどこでだってプレイできたよ。’Paradice City’はクラブを躍らせたし、ブラックのクラブだって沸かせてた。このバンドの全員が骨の髄まで、真のロックスターだよ。このグループに偽りの部分なんてひとつもない。

1 2次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy