体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【速度20km】カバンに入れて持ち運べる「電動スクーター」

まずは、実際に走っている様子から見てみましょう。

【速度20km】カバンに入れて持ち運べる「電動スクーター」

自転車のかわりにいいかも!組み立てもカンタンそうです。気になるスペックをおおまかに説明するとこんな感じ。

重さ4kg

【速度20km】カバンに入れて持ち運べる「電動スクーター」

一般的なママチャリの重さと比べると5分の1くらい!

ボードの長さは40cm

【速度20km】カバンに入れて持ち運べる「電動スクーター」

横幅も十分。ちゃんと両足をのせられます。

ハンドルの高さは110cm

【速度20km】カバンに入れて持ち運べる「電動スクーター」

コンパクトだけど、組み立てれば高さも十分♪

走ったルートを保存できる

【速度20km】カバンに入れて持ち運べる「電動スクーター」

あとでどのルートを通ったか確認できるので、裏道探しにも活躍!

バッグにも収納可能

【速度20km】カバンに入れて持ち運べる「電動スクーター」

電車も乗れます。

スマホでバッテリーや
データがチェックできる

【速度20km】カバンに入れて持ち運べる「電動スクーター」

などなど機能は多彩。20kmものスピードが出る乗りものが携帯可能、というところが嬉しいですよね。バッグにいれて持ち運べるサイズで、見た目もグッド!

【速度20km】カバンに入れて持ち運べる「電動スクーター」

スイッチやバッテリーメーターはハンドル部分に。

【速度20km】カバンに入れて持ち運べる「電動スクーター」
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。