体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

有給が好きなだけ取れる!NetflixやEvernote・・・仕組みとその実態とは?

有給が好きなだけ取れる!NetflixやEvernote・・・仕組みとその実態とは? 160115_unlimited-vacation-of-netflix

「Talent Smart」社の共同創設者、トラヴィス・ブラッドベリー博士は「ネットフリックス」社の文化を分析しています。同社は、社員が好きなだけ休暇をとれるうえ、業績も急成長しているというから不思議。一体どんな秘密があるのでしょうか。

2015年11月29日に「LinkedIn」に公開された記事を紹介します。

いつでも好きなだけ
休みが取れる会社

6488072

2004年以降、ネットフリックス社の社員は、好きなときに好きなだけ休めるようになりました。会社に行こうが行かまいが、自由です。

彼らは。どれくらい仕事に時間をかけるかを自分で決められます。しかも、方針を変えたあとで同社の時価総額は510億ドル(約6兆円)以上に成長。

彼らの働きかたは特殊に見えます。が、だからといってサービスの質は落ちていません。みんなマネージャーと蜜に連絡を取り、だれもが価値の高いアウトプットを期待されています。同社にはこれが文化として染み付いているため、制度に見合うだけの働きを、全社員がしています。

仕組みはどうなってるの?

iuuj300720026

なぜ期限も決めずに休暇が取れるのか。それは、だれも管理していないから。経営者は、社員になんでもかんでも指示を与えるのではなく、問題点と結果のみに焦点を当てています。

自主性を重んじた結果、より責任感のある文化が生まれ、抑圧的なルールに気をとられることなく、従業員はよりいっそう目的に集中し生産性を向上させています。

勤務時間は管理しない

-0987309171965

同社の制度がまだ一般的な企業と変わらなかった時代、社員からこんな質問が投げかけられました。

「オフィスを出てする仕事の時間は計算されていません。メールは家からだって返すことがあるし、夜中や週末にだって働いています。その時間は管理されていないのに、なぜ仕事する時間を計算しなければいけないのでしょう?」

経営者たちは答えに詰まりました。

産業化時代には、人々は製造ラインに9時から17時まで立ち、その時間に対して給与が発生していました。しかし、いまとなってはもうそんな明確なものはありません。どこにいても必要であれば働きますよね。「勤務時間後」という概念はもはや存在しないといってもよさそうです。

いまは何を作ったかが評価されて給与が支払われる時代です。しかし、こと休みになると過去の名残が消えず、時間で管理されてしまいます。これではやる気も保てません。ネットフリックスはこれに気付きました。そして、現代の仕事の仕方に合わせて方針を変えました。

ブラジル企業に前例アリ!

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy