体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『マルちゃん 本気盛(マジモリ)海鮮チゲ味』キムチの旨味はたっぷりだが辛すぎない日本人向けチゲ味!

IMG_1504

キムチの辛味で問答無用に体の芯からあったまると大人気の韓国料理・チゲ鍋。そんなチゲ鍋特有のキムチとたっぷりのシーフードで完成させたのが東洋水産『マルちゃん 本気盛(マジモリ)海鮮チゲ味』。辛さに強くない人でも気軽に挑戦できる旨味たっぷりのキムチラーメンである。

美味しさはわかるけど本格チゲ級はちょっと辛すぎるという人に!

キムチラーメンといえば代表的なのが韓国メーカーの農心による「辛ラーメン」。カップ麺としても発売されており、日本でも気軽に入手できるのだが、正直それだとちょっと辛すぎるという日本人も多いのではないだろうか。

IMG_1511

そんな時にうってつけなのがこの『マルちゃん 本気盛(マジモリ)海鮮チゲ味』(98gうち麺80g・希望小売価格 税抜205円・2015年12月7日発売)。美味しさはわかるし、全く辛くないのはそれはそれで物足りないのだけれど、胃腸の心配が出てくるほど辛いのはちょっと…というライトな韓国料理ファンにとっては非常にありがたいマイルドピリ辛な一品だ。

IMG_1515

それでは実際に食べてみよう。
一回り大きなタテ型カップにギュギュッと収められているのは丸刃で切ったなめらか太麺タイプの油揚げ麺。そこにフリーズドライのキムチを筆頭に、カニかま、ホタテ風かまぼこ、エビ、ネギがザクザクと盛られている。

IMG_1523
1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。