ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Twitterで話題】居酒屋で「デヴィッド・ボウイ」に会った京大生の話

DATE:
  • ガジェット通信を≫

訃報が報じられてから、たくさんのエピソードがそこかしこで語られている。これはそのうちのひとつ。たまたま訪れていた京都の飲み屋で、そこにいた京大生と話をしたそうだ。彼の人柄が伺える内容に、多くの人々の注目が集まっている。

2016年1月11日「」さんのツイートを紹介する。

デヴィッド・ボウイとの会話

※以下、ツイッターより。

彼はボウイに聞いた。なぜ京都にいるのですか?ボウイは答えた。私は少し悩んでいて、大好きな日本でユックリ考えようと思ったからです。何を悩んでいるのですか?ボウイは答えた。実はアメリカからオファーがあります。アメリカの音楽ビジネスはビッグです。飲み込まれてしまわないか不安です(続く

彼はボウイに言いました。確かにビッグかも知れませんが、あなたがそれを分かっていて、しっかりやっていけば大丈夫ではないですか?するとボウイは答えた。「いや、人間というものは、そんなに強くないのだよ」…彼はそれを聞いて、この人は伊達にアイドル的存在を10年もやってないなと思った(続く

そして、京大生の彼とそんな会話をしたデヴィッド・ボウイは、アメリカのオファーを受けて、のちに『レッツ・ダンス』をリリースするのです。私は、まだ一介の京大生と真摯な会話をするデヴィッド・ボウイを、本当にまじめな人だなと思いました。

『レッツ・ダンス』は、当時まだ無名だったブルースギタリスト「スティーヴィー・レイ・ヴォーン」を起用し、爆発的にヒットしたダンサブルなアルバムだ。彼は「ローリング・ストーン誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」に選ばれている。

これによって「デヴィッド・ボウイ」はメジャーなアーティストとして広く認知された。さらに、そのギタープレイが注目されたことでスティーヴィー・レイ・ヴォーンがブレイクするきっかけをもつくった。

当時のボウイが感じていた葛藤を感じられる感慨深い話だ。

Licensed material used with permission by @kutaja
Reference:emimusic

関連記事リンク(外部サイト)

京都の弁当箱専門店が仕掛ける「国際BENTOコンテスト」を知っていますか?
「デヴィッド・ボウイ」は、なぜ世界中で愛されるのか?
MITを抜いて大学ランキング世界一に着いた中国。しかし、そこには・・・

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP