体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

家庭用「ロボットシェフ」 料理の腕前がスゴイ・・・850万でも安い!

人工知能(A.I)は、手料理までを奪い去ろうとしています。利便性を追求した結果、ロボットアーム付きのシステムキッチンなるものが登場。しかも、あのトップシェフたちの味を、そっくりそのまま再現できる!?

もう、手料理は要らない!?
ロボットがプロの味を再現

家庭用「ロボットシェフ」 料理の腕前がスゴイ・・・850万でも安い!

これは、キッチンに立つ“人間の”シェフが「マグロのタルタル」を作っている場面。シェフの動きを3Dモーションキャプチャで食材や調味料、カットの仕方、調理道具、盛り付けまで、手の動きを刻名に録画しているところ。

家庭用「ロボットシェフ」 料理の腕前がスゴイ・・・850万でも安い!

次にシェフは、デバイス画面を使って、撮影した動画をアップロードしていきます。

家庭用「ロボットシェフ」 料理の腕前がスゴイ・・・850万でも安い!

「今夜は何にしようかな?」iPadを操作しながら、メニューを選んでいく男性。ちょうど、“人間の”シェフが作った新たなレシピがアップされたところ。「あ、これ美味しそ!」早速、彼は恋人にメニューをシェア。

家庭用「ロボットシェフ」 料理の腕前がスゴイ・・・850万でも安い!

キッチンで彼からのメッセージを受け取った彼女。

家庭用「ロボットシェフ」 料理の腕前がスゴイ・・・850万でも安い!

「ふ~ん、タルタルね」。突然のオーダーにも、慌てる素振りひとつ見せない彼女。それもそのはず。だって、料理をするのは…彼女じゃないんですから。

すべて、おまかせ
自宅にいながらシェフの味

家庭用「ロボットシェフ」 料理の腕前がスゴイ・・・850万でも安い!

そう、キッチンで代わりに腕を振るうのは、二本のアームを持つ“ロボット”シェフ。ロボット工学カンパニー「Moley Rotics」が、現在開発中の人工知能を搭載した世界初のロボットキッチン。これが、人間のシェフが作った味をそっくりそのまま再現してくれるんだそう。

では、お手並み拝見と行きましょう!

家庭用「ロボットシェフ」 料理の腕前がスゴイ・・・850万でも安い!
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。