ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フランスの国民的歌手アニー・コルディ主演の『愛しき人生のつくり方』が間もなく公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 フランス映画『Les Souvenirs』が、『愛しき人生のつくりかた』の邦題で1月23日より公開される。 

『愛しき人生のつくり方』写真一覧

 本作は、作家ダヴィッド・フェンキノスの同名小説の映画化で、ダヴィッド・フェンキノスが映画の脚本も手がけ、フランスでは半年以上のロングランヒットを遂げた。最愛の夫に先立たれたマドレーヌ、長男のミシェルと妻のナタリー、孫のロマン、パリで暮らす3世代の家族に起きた問題とそれぞれが抱える将来への不安が、時にコミカルに、時にリアルに描かれている。世代ごとに共感できる悩みやそれに対する人々の想いがあり、普遍的な家族愛とは、を気付かせてくれる本作は、観終わってもじんわりと心に温かい余韻が残る作品だ。

 おちゃめで心優しきマドレーヌ役を演じるのは、歌手のアニー・コルディ。86歳の彼女は、コンサートで活動するほか、女優としても『雨の訪問者』や『風にそよぐ草』等への出演経歴を持ち、本作でもエネルギッシュな存在感を放つ。頼りない息子役のミシェルは『仕立て屋の恋』などで知られるミシェル・ブランが務め、妻のナタリー役にはコメディエンヌとして活躍するシャンタル・ロビー、孫のロマンはオーディションで抜擢された新人のマチュー・スピノジが演じる。

 監督は、俳優として『エディット・ピアフから愛の賛歌~』等にも出演し、劇中でもフィリップ役を演じるジャン=ポール・ルーヴ。主題歌は、1942年にシャルル・トレネが作詞、レオ・ショーリアックと共同作曲したスタンダードナンバーで、ナット・キング・コールやフランク・シナトラもカバーした楽曲『Que reste-r-il de nos amours?』で、同曲はフランソワ・トリュフォー監督作『夜霧の恋人たち』の主題歌でもあった。ルーヴ監督は本作でトリュフォー監督への敬意を表し、巨匠へのオマージュとして同曲を使用している。本作は1月23日よりBunkamuraル・シネマほかで全国順次ロードショー。

◎公開情報 『愛しき人生のつくり方』
2016年1月23日(土)Bunkamuraル・シネマほか全国順次ロードショー
監督・脚本:ジャン=ポール・ルーヴ
原作・共同脚本:ダヴィッド・フェンキノス
出演:アニー・コルディ、ミシェル・ブラン、シャンタル・ロビー、マチュー・スピノジ、ジャン=ポール・ルーヴ
配給:アルバトロス・フィルム
(C)2013 Nolita cinema – TF1 Droits Audiovisuels – UGC Images – Les films du Monsieur – Exodus – Nolita invest

関連記事リンク(外部サイト)

坂本龍一 ドキュメンタリー映像『Ryuichi Sakamoto Requiem』公開
『スターウォーズ』の新キャラ愛されドロイドBB-8の誕生秘話が公開
マイケル・ジャクソン『オフ・ザ・ウォール』の豪華版がリリース 同封ドキュ映画はスパイク・リーが監督

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP