ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オーディオソフト 2015年年間売上金額は約1982億円(税抜)、前年比99.8%とほぼ横ばい 【SoundScan Japan調べ】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 SoundScan Japanが、全国のCD・ビデオソフト店および広域チェーン店、書店、家電量販店等とEコマース各社で販売された音楽・映像 ソフト全ての商品のPOSデータを基に算出した「2015年年間オーディオ・ソフト売上動向」を発表した。(集計期間:2014年12月29 日~2015年12月27日)
 オーディオソフトの売上金額は前年比99.8%とほぼ横ばいで、約1982億円。売上数量は約8271万枚で、前年比から2ポイントダウンに留まった。また、リアル店舗・Eコマースといった販売チャネル別で売上金額をみると、Eコマースは、前年から売上金額を3.4ポイント上昇という結果に。リアル店舗の売上は下がったものの、61%という構成比は前年通りとなった。

 そしてアルバム・シングル別に売上金額を見ると、アルバムは0.6ポイントと微減、シングルの売上げは前年比より1ポイント増加となった。さらに、平均単価は前年比より上昇したことから、より高額商品へシフトしてきていることがうかがえる。

 2014年、2015年ともに売上金額は下降し続けているものの減少ペースは緩やかになり、販売チャネル別やパッケージの形態によっては増加も見られた2015年。日本でも各種ストリーミングサービスがスタートし、無料動画サイトが浸透するなど、気軽に音楽を聴く機会が増えたことでより音楽ファンを獲得し、パッケージ購入に結び付けたと言えるだろう。

関連記事リンク(外部サイト)

ビルボードジャパン年間チャート発表、シングル総合は三代目JSB「R.Y.U.S.E.I.」、アルバム総合はドリカムのベスト盤が1位
ビルボードジャパン年間チャート発表!三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE、DREAMS COME TRUE、カーリー・レイ・ジェプセン インタビュー&メッセージ
【BIGGEST HITS OF 2015】ビルボードジャパン年間チャート

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP