ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

芸能界のクマ代表、クマムシが映画『パディントン』PRイベントで替え歌披露

DATE:
  • ガジェット通信を≫
芸能界のクマ代表、クマムシが映画『パディントン』PRイベントで替え歌披露

 映画『パディントン』の公開前夜祭が1月14日に行われ、芸能界のクマ代表としてクマムシが登場した。

 パディントンとお揃いの“パディントンコーデ”に身を包み、大きな拍手で登場したクマムシの2人は「映画のイベントに出るのが初なので、本当に光栄です!」(長谷川俊輔)、「パディントンみたいに可愛いコーディネートになるはずが、思いのほかかっこよい着こなしになっちゃいました」(佐藤大樹)と挨拶。会場に集まった約100人の「クマ」さんに対して、「クマ仲間のみんなに会えて嬉しいです!でも“芸能界のクマ代表”に熊川哲也さんじゃなくて、本当に僕たちで大丈夫でした?」とコメントし、笑いを誘った。

 年末も「日本レコード大賞や紅白に出させていただき、ありがたいことに年末はアーティストばりに忙しかった」というクマムシの2人。長谷川は「もう最近は普通に歌がうまくなりたいって思ってます。今年は、歌だけじゃなくて、映画とか声優とかミュージカルにも出てみたい」と心境を告白しつつ、「とにかく映画がめちゃくちゃ面白かった!パディントンに終始ソワソワさせられながら、でも本当に可愛いくて。家族がテーマの物語なので、心があったかくなっちゃいました」と映画を大絶賛。「そこは普通に“あったかい”って言っちゃうんだ」との佐藤のツッコミに「あ、思わず普通に言っちゃった」と反省の表情を浮かべた。さらに続けて長谷川は「パディントンを観ていて思ったのが、佐藤にそっくりなんですよ。すぐどっかに行っちゃったり、迷って一人で勝手に行動しちゃうところとかが。すぐ佐藤もふらっとどっかに行ってしまう」と、パディントンと佐藤の共通点についても言及。それに対し佐藤は「パディントンくらい可愛いの!って意味だと思ったのに、そういうことか。確かに、誰にも言わずにお金とか卸しに行っちゃうんですよね、僕」と、うなずいていた。

 終始和やかな雰囲気でトークが進む中、パディントンにスペシャルプレゼントがあると明かしたクマムシは、驚くパディントンへ向けて「映画の公開のお祝いと、ヒットをお祈りして、スペシャルソングをパディントンに贈ります!」と、この日のためだけに作られた新作ソングを披露!大ヒットした「あったかいんだからぁ」のメロディに乗せ、「ブラウン一家とパディン~トンの絆、あったかいんだからぁ♪ 愛しくて可愛い 赤い帽子のクマは~ パディントンだからぁ~」と歌うと、場内は爆笑に包まれた。

 最後には、来場者とともにフォトセッションを実施。「家族みんなで楽しめる素晴らしい作品なので、ぜひみんなで観て心をあったかぁ~くしてほしい」としっかり映画をPRする長谷川に対し、佐藤は「すごく不器用でおっちょこちょいなところもあるんですけど、すごく誠実な部分もあって、そこも僕に似ているので、ぜひパディントンと佐藤をよろしくお願いいたします!」とちゃっかりPRしていた。

◎作品情報
『パディントン』
2016年1月15日より全国ロードショー
監督:ポール・キング
製作:デヴィッド・ハイマン『ハリー・ポッター』シリーズ
出演:ヒュー・ボネヴィル、サリー・ホーキンス、ジュリー・ウォルターズ、ジム・ブロードベント、ニコール・キッドマン、ベン・ウィショー(声の出演)
日本語吹替版キャスト:松坂桃李、木村佳乃、古田新太、斎藤由貴、三戸なつめ
配給:キノフィルムズ

関連記事リンク(外部サイト)

松坂桃李 『パディントン』舞台挨拶で自身が吹替を務めたクマのパディントンにべた惚れ
「最近のお笑いは誰かにマネをしてもらってヒットに繋がることが多い」 ― クマムシ インタビュー
dTVの年間音楽視聴ランキングで三代目JSBが二冠、クマムシも大健闘

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。