ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

一重まぶたコンプレックス中年男「深酒むくみ二重」にご満悦

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 一重まぶたにコンプレックスを抱き、プチ整形をする女性はそれなりに多いが、同じ悩みを持つ中年男性だって珍しくない。埼玉県に住むエステサロン勤務の女性Mさん(50才)の夫(49才)は、極細一重まぶたが長年のコンプレックスだったという。Mさんが。夫のエピソードを暴露する。

 * * *
 細~い一重まぶたの夫は、子供の頃のあだ名が「糸目」。それを本人は、「オレは究極の塩顔」とか「激辛顔」と言って強がっていたけれど、実際、相当なコンプレックスだったみたい。

 それが判明したのが、強くないお酒を久しぶりに飲んだ日の翌朝。むくんだ顔に埋もれた目が、なぜかパキッとした二重になってたの。

 それを私が指摘したら、洗面所に入ったまま、出てこないんだわ。心配になってそっと見に行ったら、鏡に向かって眉間にしわを寄せたり、まぶたをグイと持ち上げたり、百面相をしているの。

「ちょっと、何してるのよ」と言うと、「いやいや、二重でもなかなかいい男だと思って」と。恐ろしいことに目がマジなんだわ。

 でも、昼頃にはむくみもとれて、いつも通りの「糸目」に舞い戻り。大変だったのはその後よ。トイレに立つたび、まぶたを引っ張ったりこすったり。ついには爪楊枝で線をつけて赤く腫らしたりと、どうにかして二重にしようと、鏡の前から動かないの。

 あげく、「プチ整形してもいいか?」だって。50にもなろうってのに、絶対に出世しないダンナにかけるお金があったら、私のほうれい線、消しますって!

※女性セブン2016年1月28日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
二重がひと重に戻った美元 あまりにすぐ戻ったと整形医驚く
韓国で整形する中学生が増加 新婦の母親の整形プランも人気
「まるで別人」 10代女子に二重まぶたが流行する理由

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP