ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お土産選びが最難関の国、モルディブで選ぶお土産10選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: mari「モルディブ カウントダウンに間に合わない」

TRiPORTライターのさとりんです。
モルディブと言えば新婚さんに人気の国。ハネムーンにモルディブを選ばれる方も多いですよね。
ハネムーンのお土産って、なんだか特別な感じがして、何を買ったらいいのか迷ってしまったりしますよね。しかもリゾート地のモルディブでのお土産って何、、、?
そこで今回は、モルディブにはどんなお土産があるのかをご紹介したいと思います。

モルディブの名産品とは

一般的にはお土産にはその国の特産品を選びますが、モルディブは、観光と漁業が中心の国のため、これと言った特産品がありません。(しいて特産品をあげるとしたら、漁業が盛んなので魚介類の加工品など)
そんなモルディブのお土産は、輸入商品がほとんどです。また、リゾート施設がメインのモルディブなので、お土産を売っている場所もあまりなく、基本的には空港のみです。しかし、マレの空港にはいくつかのお土産さんがあるので、是非そこであなたが思うモルディブっぽいお土産を探してみて下さい。

<モルディブのお土産10選>

1. 紅茶

Photo credit: D@lY3D Abdelmaksoud via flickr cc

モルディブの特産品ではないものの、人気のモルディブ土産! 隣国には紅茶で有名なスリランカがあるため、種類も豊富です。
一番人気な紅茶はセイロンティーです。
おすすめは、スリランカのディルマ社と、スリランカの老舗紅茶メーカーのワタワラ・プランテーションズのもの。
ディルマ社は、モルディブの多くのリゾート施設で提供されている紅茶で、香りが素敵な紅茶。「WP」のロゴマークのワタワラ・プランテーションズは、パッケージが木箱で、おしゃれで高級感があります。

2. 香辛料・カレーパウダー

Photo credit: Delphine Ménard via flickr cc

モルディブには、種類があり過ぎるくらいたくさんのスパイスがあります。
スパイスは、それぞれ袋に入った単品で買うものと、いくつかのスパイスがセットになったものがあります。かわいいパッケージのものもあるので、見た目にも喜ばれるお土産になるはずですよ。
特にカレースパイスは、いろんなスパイスが混ざっていて、日本では味わうことのできないモルディブカレーを作ることができるので、おすすめです。料理好きなあの人に是非、送ってみて。
スーパーで気軽に購入できるのも嬉しいですね。日本では高いスパイスもここでは現地価格でお安く買えちゃうので、まとめ買い必須です。

3. チョコレート

Photo credit: Walter Schärer via flickr cc

モルディブで1番人気のお土産、チョコレート。どこの国でもチョコレートはお土産の定番ですよね。
定番のマカデミアナッツが入ったチョコレートでも、パッケージに「Maldives」と書いてあったり、きれいなビーチやドーニがプリントされていれば、一目でモルディブ旅行に行ったとわかるし、雰囲気も伝わる立派なモルディブ土産に変身!
あたりはずれもなく、ばらまき用にも便利なので、やっぱりチョコレートは外せないお土産です。

4. ジャーキー

Photo credit: Kusie [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

モルディブ土産で意外に人気なのが、実はジャーキー。ビーフジャーキーとマリーンジャーキーが定番で、ビーフジャーキーは醤油味のものもあったりと日本人ウケします。マリーンジャーキーは、マグロを使用しレモンソルト味で、奥深い味わいです。どちらのジャーキーもとってもおいしいので是非、食べてみてください!
軽量なので、たくさん買ってばらまき用のお土産に最適です。
お酒のおつまみとしてお酒好きの人へのお土産にもいいですが、女の子にもファンが多いので、女子へのお土産にもおすすめですよ。

5. Bare Footのグッズ

スリランカブランドの「Bare Foot」は、バーバラ・サンソニさんが、スリランカの女性たちに手に職を与えるために、手織りと手染めを教えはじめたのがきっかけでできたブランド。
色使いがとてもかわいいくて、愛くるしいぬいぐるみたちや小物。それがモルディブでも買えるなら、絶対に欲しくなってお土産に買ってしまいますよね。
モルディブの商品じゃなくても、お土産でもらったら喜んでしまう人気のお土産です。

6. Tシャツ・南国風のグッズ

Photo credit: Fredrik Rubensson via flickr cc

国名が書かれたTシャツはお土産の定番アイテム。
「Maldives」と書かれたTシャツは、日本に帰っても部屋着や運動時に使うことができますし、モルディブに行きましたアピールもできるアイテムです。なので、自分用のお土産におすすめですが、人にあげるのにはちょっとモルディブ感押しつけすぎ?
だったら、友人や恋人、同僚などには南国風のグッズがおすすめです。
熱帯魚のキーホルダーや携帯ストラップ、ペンやカードホルダー、マグネットなど、南国らしさがありつつ実用的なものがおすすめ。
南国のモチーフにされる魚や花は、どれもかわいくて色鮮やかなので、きっと喜ばれるお土産になると思いますよ。ばらまき用のお土産としても重宝します。

7. お香

Photo credit: wagdi.co.uk via flickr cc

お香は、女子に喜ばれるモルディブ土産。お香と一緒に貝殻や魚のかたちをした受け皿も合わせて送りましょう。インテリアにもなり、気が利くかわいいお土産に。両方買っても大してかさばることもないですし、長期保管もできるので、なかなか会えない人への贈り物にもおすすめです。
いろんな香りや色のお香があるので、気になるものをチョイスしてみて。5、6個セットになっているものもあるので、ばらまき用としてもおすすめですよ。
お香の香りで、モルディブの雰囲気を伝えてみては?

8. 漆器の小物

日本で有名な漆器ですが、実はモルディブにも漆器の伝統文化が古くからあるんです。
モルディブの漆器は、以前はサンゴや貝殻などで作られていましたが、環境保護のため、それらの使用が中止され、現在は素材を変更して作られています。
特におすすめなのは、「Baa環礁」地域で作られた漆器。赤と黒のシンプルな色使いのデザインが特徴です。
柄は、南国の独特な絵。日本とは一味違った南国の漆器として、お土産にしてみては?
インテリアにもぴったりですよ。
空港内では売られていないので、リゾートにあるお店に並んでいたら、要チェックです。

9. パレオ

Photo credit: Marc CARAVEO via flickr cc

モルディブの特産品ではないものの、南国らしいお土産として人気のお土産です。
カラフルでおしゃれなパレオは、女子におすすめのお土産です。
お土産としてでなくても、モルディブに行ったなら、絶対に自分用に購入しましょう。水着の上からさらっと着ることができ、脱ぎ着もラクちんでモルディブ観光に最適なアイテム。さらに、南国気分を盛り上げてくれますよ。

10. お箸

Photo credit: Eric Sonstroem via flickr cc

モルディブ感はないものの、かわいいお箸と箸置きのセットや、色鮮やかなケースに入ったお箸は、お土産に最適です。なんていったって日本の食事の基本はお箸ですから! お土産をもらったのに使わないなんてことが絶対におこらないお土産です。
自分用に1膳と、お客さま用に何膳か買って帰りましょう。カラフルなお箸が並べば、食卓が華やかになりますよ。食事の時間ももっと楽しめちゃうかも。
お土産屋さんに売っているので、探してみて下さい。

お土産を買うならマレの国際空港のお土産店

Photo credit: Simon Clancy via flickr cc

モルディブはリゾート地であるため、お土産屋さんがほぼありません。
モルディブのお土産を買うなら、リゾート内にあるお店かイブラヒム・ナシル国際空港で買うのをおすすめします。マレ市街地の数少ないお土産屋さんでは、外国人価格が設定されていることが多く、かなり高額を要求されることがあるので、注意が必要です。
お土産を買う場合は、マレのイブラヒム・ナシル国際空港内の出入国センターを通過すると出てくるお土産屋さんで購入しましょう。
数店舗のお土産屋さんは、品揃えもよく充実しています。
帰国時には、是非寄ってみて!

おわりに

モルディブのお土産についてご紹介させていただきましたが、モルディブには特産品がなく、お土産も輸入商品ばかりで、モルディブでのお土産探しは難しいです。
そんなモルディブでのお土産探しで重要になってくるのが、モルディブらしいお土産をチョイスする、あなたのセンス!
モルディブのお土産探しが不安な人には、是非この記事を参考にしてもらいたいです。あなたの力強い助っ人になると思いますよ。

ライター: Satoko Sumitomo
Photo by: mari「モルディブ カウントダウンに間に合わない」

関連旅行記

*mari「モルディブ カウントダウンに間に合わない」
*Sakuragi Haruko「モルディブ!アジアの宝石箱♡マレ島&ヴェリ島両方楽しむ旅がおすすめ」
*くる み「モルディブ」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。