ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『クリード チャンプを継ぐ男』のライアン・クーグラー監督、マーベルの映画『Black Panther(原題)』の監督に決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

映画『クリード チャンプを継ぐ男』のライアン・クーグラー監督が、スーパーヒーロー映画を指揮すると数か月前から噂になっていたが、1月11日(現地時間)、マーベルの映画『Black Panther(原題)』の監督を手掛けることが正式に発表された。

ケヴィン・ファイギがプロデュースを手掛け、チャドウィック・ボーズマンが、父が殺害された後にその力を継承しなくてはならないアフリカ・ワカンダの王子ティチャラ(ブラックパンサー)を演じる。

ジョー・ロバート・コールが脚本を執筆中だ。本紙ヴァラエティは、12月にクーグラー監督が同作の監督交渉中であると報じた。昨夏には、映画『グローリー/明日への行進』を手掛けたエヴァ・デュヴルネ監督の名前が浮上したが、デュヴルネ監督とマーベルは、「ストーリーについてのアイデアが異なっていた」と述べ、7月にこの噂の終止符を打った。

『Black Panther(原題)』は、2018年2月16日に米劇場公開する。

ファイギは、「私たちは幸運にも才能あふれる監督をマーベル・ファミリーに迎えることになった」 「ライアン(クーグラー監督)が最初の2作品で見せた才能のおかげで、クーグラー監督は『Black Panther(原題)』の監督の第一候補となった。多くのファンが長い間、クーグラー監督のブラックパンサーを待ち望んでいて、実際にクーグラー監督がティチャラの物語に息を吹き込むことになった」と、発表した。

『クリード チャンプを継ぐ男』は、現在のところ興行収入1億300万ドルを記録しトップとなっている。1月10日(現地時間)に行われた第73回ゴールデングローブ賞で、シルヴェスター・スタローンが助演男優賞を受賞したことを受け、アワードの評論家たちは、同作が間違いなくアカデミー賞の候補となると見ている。

クーグラー監督は、サンダンス映画祭での人気映画『フルートベール駅で』でデビューした。同作は、『クリード チャンプを継ぐ男』にも出演した俳優マイケル・B・ジョーダンのキャリアも開花させた。

クーグラー監督は、ウィリアム・モリス・エンデヴァー・エンターテイメント(WME)と代理人契約を結んでいる。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP