ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモ、Xperia新機種「Xperia ray SO-03C」を正式発表、今週末より予約開始(更新:プロモ動画を追加)

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

NTTドコモは8月10日、Sony Ericsson製Androidスマートフォン新機種「Xperia ray SO-03C」を正式発表しました。発売予定日は8月27日で、8月12日より事前預託受付が開始されます。Xperia ray SO-03Cは、Sony Ericssonが今年6月下旬にシンガポールで発表したXperia rayのNTTドコモ向けモデル。ディスプレイサイズ3.3インチ(解像度854×480、FWVGA)、幅53mm、厚さ約9.4mm、質量約100gというスリム&軽量コンパクト、そしてスッキリとしたデザインが特徴の端末。映像や写真をくっきり色鮮やかにするというSony独自の高画質化エンジン「モバイルBRABIAエンジン」や、少ない光でも明るい写真や映像を撮影できるというSonyの裏面照射型CMOS「Exmor R for Mobile」に加え、Xperia ray SO-03Cでは、Sonyのオーディオ音量レベル強調技術「xLOUD」が標準搭載されています。ガラケー機能としては、おサイフケータイや赤外線通信、ワンセグには非対応ですが、spモード、iチャネル・iコンシェル・メロディーコールといったiモードサービスのスマートフォン版や緊急地震速報機能には対応しています。その他、HSDPA 14Mbps、最大5台までのWi-FiルータにできるWi-Fiテザリングにも対応。カラーはホワイト、ピンク、ゴールドの3色。 OS:Android 2.3.3(Gingerbread) サイズ:111mm×53mm×9.4mm(最厚部9.6mm) 重さ:約100g ディスプレイサイズ:3.3インチ、解像度854×480(FWVGA) ディスプレイ:TFT LCD、16Mカラー、静電容量式、マルチタッチ、モバイルBRAVIAエンジン、キズ防止加工のフロントパネル チップセット:Qualcom MSM8255 1GHz GPU:Adreno 205 メモリ:512MB ストレージ:1GB ROM(利用可能領域300MB) マイクロSD:32GBまで対応 リアカメラ:810万画素、Exmor R for Mobile、f値2.4レンズ、720pHD@30fps Video フロントカメラ:32万画素 対応周波数:GSM(850/900/1800/1900)、WCDMA(800/2100MHz)、HSDPA 14Mbps、HSUPA 5.76Mbps ネットワーク:Wi-Fi b/g/n、Bluetooth 2.1+EDR 外部端子類:3.5mmオーディオジャック、マイクロUSB センサー類:加速度、ライト、近接、デジタルコンパス、GPS/A-GPS対応 バッテリー:1,500mAh 連続待受時間:400時間(WCDMA)、290時間(GSM) 連続通話時間:約360分(WCDMA)、約380分(GSM) 機能など:DLNA対応(Connected Devices) ANT+:対応 おサイフケータイ:非対応 ワンセグ:非対応 赤外線通信:非対応 spモード:対応 Wi-Fiテザリング:対応(最大5台まで) 緊急地震速報(エリアメール):対応 Flash Player:10.1をプリインストール カラー:ホワイト、ピンク、ゴールドSource : NTTドコモ 製品仕様(ソニエリサイト)


(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Ericsson、Android 2.3.4を標準搭載した1.4GHz CPUの”Ayame”を開発中?
Facebook、メッセージ機能の利用に特化したアプリ「Facebook Messenger」を公開
Samsungに対してGalaxy Tab 10.1のEU加盟国における販売を差し止める仮決定が下る

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。