ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Sony Ericsson、Android 2.3.4を標準搭載した1.4GHz CPUの”Ayame”を開発中?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

NenaMarkベンチマークの公式サイトに”Ayame”を名乗るソニエリ製端末のスコアとスペックに関する情報が登録されています。”Ayame”はおそらく開発コードで正式名称ではないはず。NenaMarkの公式サイトによると、画面解像度は854×480(FWVGA)、CPUクロックは1.4GHz、GPUはAdreno 205、OSはAndroid 2.3.4と表示されます。Adreno 205をGPUとして採用する1.4GHz CPUということから、SoCはQualcomm MSM8x55(シングルコア)と考えられます。画面の解像度からディスプレイサイズは比較的大きめと予想されます。OSバージョンが現行最新ビルドのソフトウェアで使用されているAndroid 2.3.3からバージョンアップされています。スペック的に、今月上旬にUAProfが公開されたソニエリ未発表の「LT18i」と「LT18a」のような気がしますね。Source : NenaMark


(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、Xperia新機種「Xperia ray SO-03C」を正式発表、今週末より予約開始
Facebook、メッセージ機能の利用に特化したアプリ「Facebook Messenger」を公開
Samsungに対してGalaxy Tab 10.1のEU加盟国における販売を差し止める仮決定が下る

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。