体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

技術の力で料理を変える!? 『クックパッド』の裏側を教えてもらいました──立薗理彦の次世代メディア探検隊【2】

<クックパッドに聞いてみたかったこと・立薗理彦> 

今回は、料理をテーマにしたサービスを提供する「クックパッド」さんにお話を伺います。ユーザーから投稿されたレシピを中心に膨大な料理の情報を提供していて、筆者も料理をする際にお世話になっています。
また、最近はクックパッドさんの技術者ブログの記事が「はてなブックマーク」などで話題になることも多く、エンジニア・ドリブンの会社としても広く知られるようになっています。今回は、サービス運営の哲学、そしてエンジニアの働き方についていろいろな質問をぶつけてきました。

<インタビュアー>

立薗 理彦氏:エンジニア。ニュースサイト“ナタリー”立ち上げ時のCTOとして、バックエンドとUIの開発を行う。その後、サンフランシスコのngmoco社でゲームエンジンの開発にも従事。帰国後、ジャーナリストの津田大介氏と共にアンケートサービス“ゼゼヒヒ”・政治メディア“ポリタス”を立ち上げた。

<インタビュイー>

五十嵐 啓人氏:クックパッド株式会社 検索・編成部 部長。IT系ニュースメディアサイトでディレクター職を経験した後、クックパッドへ。レシピ検索の品質向上に取り組む。

勝間 亮氏:クックパッド株式会社 投稿推進部 部長。ベンチャー企業で動画配信の技術開発を経験後にクックパッドへ。レシピ投稿者のための施策を担当。

▲メディアの裏側を支えたエンジニア同士の語らいが交わされた。

日本最大の料理レシピ投稿・検索サービス

―― クックパッドのユーザー数や利用状況、検索されるレシピの傾向について教えてください。

勝間氏:「毎日の料理を楽しみにすることで、心からの笑顔を増やす」ことをテーマに、1998年3月にサービスを開始しました。

2015年9月時点の月間利用者数は5,576万人で、内訳はPCが1,565万人、スマホが3,021万人、アプリが927万人、フィーチャーフォンが61万人です(ブラウザベースまたは端末ベースにより集計)。ユーザーの多くは、30代を中心とした主婦で、買物前や、晩ごはんを考える夕方16~18時の時間帯にご利用いただく方が多いです。

投稿されているレシピの数は、225万品以上あります。この2年ほどで、スマホからの利用が増えて、レシピ投稿もスマホアプリがPCからの投稿数を逆転しました。

五十嵐氏:よく検索されているレシピは、季節や時間帯(朝昼夜)などによっても異なりますが、「家庭にある食材」で作れる「簡単・時短」の「おいしい」レシピが探されていることが多いです。

「つくれぽ」(「つくりましたフォトレポート」の略。レシピを検索して作ったユーザーが写真付きでレシピ投稿者に報告できる機能)も参考にする方が多いようです。

▲検索しやすい仕組みを構築している五十嵐氏。中華料理全般が得意料理。

アプリを使ってレシピ投稿のハードルを下げるための下地作り

―― レシピ投稿での課題や注力していることは何でしょうか?

勝間氏:いかに簡単に、楽しくレシピを書けるかです。特に最近では、アプリでの体験を向上させることがテーマです。
いきなりレシピ投稿するのはハードルが高いようで、そのハードルを下げる取り組みの1つとして「お料理アルバム」というアプリを開発しました。

料理を写真で記録するアプリで、まずは自分の作った料理の写真を撮りためる習慣を作ってもらい、うまくできたら、レシピとして投稿してもらおうという狙いです。

                    ▲お料理アルバム

1 2 3 4次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。