ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

気軽に遊べて人気!「八王子芸者」とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE平日(月〜木)朝の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「MITSUBISHI JISHO TOKYO DICTIONARY」。1月14日のオンエアでは、「八王子芸者」というキーワードをピックアップしました。

芸者さんといえば、東京では浅草や神楽坂などのイメージですが、実は八王子にも芸者文化が根付いていることをご存知でしょうか? 明治時代に、養蚕が盛んになり織物の街として栄えた八王子。もともと甲州街道の宿場町であったこともあり、全国各地から商人が織物の買い付けに訪れ、その社交場として料亭ができたそう。そして、接待のために芸者が集まるようになり、最盛期には250人ほどの芸者さんが活躍していたそうです。

そんな歴史を持つ八王子の花柳界ですが、八王子の現役の芸者さんで置屋「ゆき乃恵」の女将、めぐみさんによれば、最近、新たな動きが注目されているのだとか。

「外国人のツアーなど、色々な国の方のお目にかかる機会が増えています。やはり、日本の芸者姿を見たいというご要望が多いのですが、お座敷遊びというゲーム的な感覚で参加できるようなもので、楽しんでいただいています。病院や老人ホームでミニ舞台のようなもので出演させていただくこともあります」(めぐみさん)

芸者さんといえば、料亭に呼んで高い料金で遊ぶというイメージですが、実は、八王子の花柳界は昔から、その“身近さ”が特徴なのだそうです。地元のバーや、八王子祭りでのステージ、町内会の集まりや、会社の宴会、結婚式など、気軽に、そして比較的リーズナブルに遊ぶことができることで、親しまれてきた文化があるのだとか。

一時は10人前後まで減少してしまったという八王子の芸者さんですが、これから、昔のような活気が戻ってきそうな予感ですね。

【関連サイト】
「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。