ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

バッテリーとストレージを搭載! iPhoneケース「KUKE」が便利!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アップル社が、バッテリーを搭載した純正のiPhone用ケースを発表したのは記憶に新しいところ。

確かに、iPhoneの電池の減りは早い。そして多くのユーザーが直面する問題は他にもある。写真やビデオなどによる容量の圧迫だ。

それらの問題を一挙解決するケース「KUKE」がクラウドファンディングサイトIndiegogoに登場した。

・3機能が一体化

KUKEは、予備バッテリー、モバイルストレージ、端末の保護と三拍子そろったケース。3つの機能が一体化していることに加え、ケースそのものがスリムなことが売りだ。

開発元によると、KUKEの厚みは11ミリ。これはアップルの14.79ミリ、Mophieの16.8ミリよりも薄い。

・iPhone 6Sを約1.4回充電!

バッテリーは2400mAhで、iPhone 6Sだと約1.4回分充電可能。ケースを付けたままライトニングケーブルにつなぐと、まずiPhoneを充電し、それからケースを充電する。

どちらもフル充電して臨むと、iPhoneを充電ケーブルにつなげることなく1日を過ごせそうだ。

・アプリでデータ管理

ストレージ容量は16Gと64Gの2タイプが用意されていて、専用アプリでデータ管理を行う。

ワンタップで端末内の写真アルバムのバックアップをとったり、データが大きい映画などをKUKEに保存しておいて、機内や旅先などで鑑賞したり、という使い方ができる。

KUKEはiPhone6、6 Plus、6S、6S Plusで利用可能。Indiegogoでは16GBタイプが69ドル(約8100円)、64GBタイプは119ドル(約1万4000円)の出資で入手できる。

普通のケースでもそこそこの値段はするので、どうせならこうしたプラスα機能付きのケースを活用し、バッテリーや容量を気にせずiPhoneライフを楽しんでみてはいかがだろうか。

KUKE/Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP