ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Samsung、LTEスマートフォン”Celox”の仕様と端末画像を公開(更新)

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

韓国で今年9月より発売予定と伝えられているSmasungのLTEスマートフォン”Celox”の端末画像と仕様が公開されたそうです。

”Celox”は「SHV-E110S」というモデル名で9月末にSKテレコムより発売され、その後、KTやLG U+からも発売されると伝えられています。年末にはNTTドコモからも発売されると噂されています。Galaxy S IIと比較してAndroid 2.3(Gingerbread)、16GBの内蔵ストレージ、マイクロSDカードスロット(最大32GBまでのマイクロSDHC対応)、背面に800万画素のカメラ、前面に200万画素のカメラを搭載し、Wi-Fi a/b/g/n、Bluetooth 3.0+HSに対応するといった点は同じですが、端末デザイン、ディスプレイサイズ、チップセット構成、バッテリーサイズといったところに大きな違いが見られます。端末のデザインはGalaxy S IIをベースとし、側面と背面に若干丸みを持たせたものとなっています。ディスプレイサイズは4.5インチとサイズアップしています。チップセット構成はSamsungのExynos 4210ではなく、QualcommのAPQ8060 1.5GHzにWCDMA/HSPA+/LTE対応のマルチモードモデム「MDM9200」という構成。Qualcommnoプロセッサーを採用した理由は、既存のHSPAをサポートしたLTEモデムはQualcommしかないということらしい。バッテリーの容量はGalaxy S IIの1,650mAhから微増の1,750mAhとなっています。 OS:Android 2.3(Gingerbread) サイズ:130.9mm×69.9mm×9.39mm、質量は128g ディスプレイ:4.5インチSuper AMOLED Plus、WVGA チップセット:APにQualcomm APQ8060を採用、ベースバンドチップにQualcomm MDM9200(WCDMA/HSPA+/LTE対応)を採用 内蔵ストレージ;16GB、マイクロSDカードサポート(最大32GB) 通信:Wi-Fi a/b/g/n、Bluetooth 3.0 メインカメラ:800万画素CMOS、オートフォーカス、LEDフラッシュ、1080p@30fpsの動画撮影可能 サブカメラ:200万画素 バッテリー:1,750mAh端末のデザインおよびスペックの多くが北米市場向け”Hercules”と多く一致することから、”Hercules”は”Celox”をベースとした機種と思われます(またはその逆)。更新1:米国で使用されているLTEの周波数700MHzをサポートしておらず、欧州やアジアのキャリアが使用する周波数をサポートしていることや、WCDMAでサポートされている周波数が欧州・アジア地域向け端末で良く見られる構成であることから、記事で紹介したCeloxは主に欧州やアジア地域向けのモデルと思われます。Source : ittongThank you! MovePlayer   


(juggly.cn)記事関連リンク
米Sprint、「Samsung Epic 4G Touch」、「HTC EVO Design 4G」、「Motorola Admiral」を今後発売?
Motorola、米国特許商標庁に「Motorla Kore」を商標出願済み、スポーツ・フィットネス関連機器向け?
Xperia rayの開封動画

juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。