ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

東京都が推進する「ヘルプマーク」の意味知っていますか? あなたの “力”が必要です

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

見た目には分かりにくいけれど、障害や難病を抱え、配慮や援助を必要としている人たちがいます。「辛い、しんどい」声に出せず、我慢している人も。けれど、こちらから声をかけることって、正直ちょっと勇気がいること。

見た目には分かりにくい
配慮・援助が必要な人の
メッセージマーク

東京都が推進する「ヘルプマーク」の意味知っていますか? あなたの “力”が必要です

内部障害や難病を抱えている人や、義足や人工関節を使用する人たち、あるいは妊娠初期の女性。配慮やサポートが必要なことがあっても、見た目には分かりにくい。そんな人たちの「ヘルプ」に周囲が気づいてあげることができれば。サポートが必要なことを、知ってもらうためのマーク。それが、東京都が2012年10月から配布を始めた、この「ヘルプマーク」です。

都は当初、都営地下鉄大江戸線の各駅での配布と、車両内の優先席にステッカーの表示を行い、普及を呼びかけました。2013年7月には都営地下鉄全線、都営バスへと拡大。2014年10月からは、民間企業への働きかけも実施してきました。同年12月には、NEC(日本電気株式会社)が、以後も複数の企業が官民連携を発表するなど、着実に普及促進の流れはあるようです。

全国に広がる
「ヘルプ」のしるし

東京都が推進する「ヘルプマーク」の意味知っていますか? あなたの “力”が必要です

東京都福祉保健局によると、2015年3月時点ですでに約75,000枚を配布しているそうです。きっと、どこかで目にしているのかも。けれど、その意味するところを理解しなければ、結局は何の解決にもなりません。

都から始まったヘルプマーク。これに類似するマークとして既に大阪府高槻市では、独自に「ハート・プラスマーク」を導入。また、京都府も今年4月にヘルプマークの導入を目指しているようです。優しさや思いやりのしるしが、全国に広がりつつあるのって、ちょっといいニュースですよね。

Licensed material used with permission by 東京都福祉保健局

関連記事リンク(外部サイト)

危険な男性が発する「8つのサイン」
「絶望してはいけない」チャップリンの演説が、胸に響いてくる(仏・同時テロ)
政府に内緒で、6万人に「インターネット」を届けた男性(ネパール)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。