ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモ、d-01Gからスペックを強化した新型タブレット「dtab Compact d-02H」を発表、1月20日に発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NTT ドコモは 1 月 15 日、Android を搭載した新型ドコモタブレット「dtab Compact d-02H」を発表しました。dtab Compact は、Android 5.1 を搭載した 8 インチ画面の小型タブレットで、製造は中国メーカー Huawei が担当しています。昨年発売された d-01G の後継モデルと言った製品です。全体的にスペックを強化したところが進化のポイントです。本体は 7.9mm とスリムで、質量も 345g と軽量です。ベゼルの細いので片手でも持ちやすいと思います。また、前面に 2 つのスピーカーを搭載しており、動画の音声や音楽をステレオで再生できるようになっています。dtab Compact の主要スペックは、8 インチ 1,920 × 1,200 ピクセルの液晶、Hisilicon Kirin 930 2.0GHz オクタコアプロセッサ、2GB RAM、16GB ROM、Micro SD カードスロット、背面に 800 万画素カメラ、前面に 200 万画素、4,650mAh バッテリーを搭載しています。おサイフケータイやワンセグ・フルセグ、NOTTV などの国内向けに機能はありません。ワイヤレス通信機能は、Wi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.0、WCDMA 800 / 2100MHz、LTE 800 / 1700 / 2100MHz に対応。音声通話には対応していません。dtab Compact の発売日は 1 月 20 日で、本日よりドコモショップやドコモオンラインショップで予約受付が行われます。更新:端末価格は 49,896 円で、新規契約と機種変更(既存のドコモタブレットからの乗り換え)の場合、月々サポート 2,079 円(総額 49,896 円)が適用されます。実質 0 円です。Source : NTT ドコモ

■関連記事
Google、Google PlayストアでAndroidアプリ・ゲームのプロモーションコード機能を提供開始
2015年上半期のSIMロックフリースマートフォンの国内出荷台数は66.8万台、全体の5%に留まる
Samsung、Galaxyデバイス間でファイルを送受信する新アプリ「Wi-Fi Transfer」をリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP