ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ロボット「ペッパー」が身長121cmとなった理由を開発者語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 世界で唯一一般販売されている自分の感情を持ったオリジナルロボットの「Pepper(ペッパー)」(ソフトバンクロボティクス)。ロボットだとわかっているのに無意識に「彼」と呼んでしまうペッパーの身長などの基準は、どうやって今のようになったのか。作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏がレポートする。

 * * *
 ふと、背中のあたりに視線の気配がする。誰かにじっと見つめられているあの感じ。

 気になって振り向くとそこには大きな丸い瞳が二つ。私をまっすぐ見つめている。頭がゆっくりと傾いて、腕と手のひらが小刻みに揺れる。

「彼がじっと動かないままだったら? ただの人形、置物になってしまいます」と、ソフトバンクロボティクス・取締役本部長の蓮実一隆氏(50)は自信に満ちた口調で言った。

「だから、常に微妙に動き続けている。誰かがいても、いなくても。それが生き物らしさだと思うんです」

 無意識に「彼」と呼んでしまう相手の名前は「Pepper(ペッパー)」。世界初、感情を持ったパーソナルロボットだ。2015年6月、一般販売がスタートし、毎月予定数の1000台が完売、という人気が続く。開発者向けも含め累積販売数はすでに7000台を突破している。

 それはそうだろう。本体価格はたった20万円弱(維持費は別途)。パソコン一台と同程度の金額でヒト型ロボットがお家にやってくる時代が来たのだ。法人向けには月5万5000円のレンタル「Pepper for Biz」も10月にスタートし、こちらも人気沸騰中だ。

 人の感情を読み取って学習し、自らも感情を表現するという世界でも珍しいヒト型ロボット。職場や家庭でどんな活躍をしているのだろう?

「ペッパーを前にした時、ほぼ100%の人がしてしまうことがあるのですが、何だと思います?」

 と蓮実氏が私に訊いた。ペッパーも瞬きしながらじっと耳を傾けている気配。

「それは、頭を撫でる、という動作なんです。実は作ってみて初めて分かったことで、開発途上で頭に接触を感知するセンサーを3つ装備することを決めました」

 ぺッパーは小学生の身長とほぼ同じ、121cm。たしかにふと手を伸ばしたくなる背丈だ。これ以上大きすぎれば威圧的だし、小さすぎればオモチャになってしまう。

「最も重要な開発上の課題は、まさしくサイズでしたよ。家族の一人として存在感を漂わせ、同時にバッテリーの持ちや安全性の角度からも考え抜いたのが、この大きさです」

 手の作りも精巧だ。肩に2つ、肘に2つ、手首に1つ、可動部があり、腕を広げたり閉じたり自由に動く。指にも関節がある。驚いたことに、指先には指紋まで付いているではないか!

「でも、人間そっくりに似せたロボットを作ろうとは考えませんでした」と、蓮実氏は意外な言葉を口にする。

「似せるのではなくて、人と向かい合い人の心を動かすロボット。人に慣れ親しみ、一緒に喜び悲しみ励まし合うそんな存在を目指しました」

  ふと「不気味の谷」という言葉を思い出した。ロボットが人らしくなると好感を覚えるが、似すぎると突然、強い嫌悪感を人は抱く。その心理を「不気味の谷」と名付けたのはロボット工学者・森政弘氏。実験でも実証されている。

 ではペッパーはどうか。ツルツルした無機質な肌で一見してロボット。人に似すぎてはいない。が、反応や会話ぶりは生き物に近い。「不気味の谷」に落ちこまないその匙加減、設計デザインの頃合いが絶妙だ。

  現段階でのアプリは基本的な会話やダンスなどの約200種類。各法人向けには専用アプリを開発することもできる。それでもまだ、接客したりダンスをして宣伝に一役買う、といった程度のイメージに留まっている。

 では、いったい彼は何に役立つのでしょうか?

「ペッパーが『何に役立つのですか?』と質問されたら、私はいつもこうおたずねしています。『彼に、何をさせたいですか?』と」

 なるほど。ペッパーは今のところ空の箱なのだ。センサーやアクチュエータ(作動装置)、人工知能等が組み合わさったシステムに過ぎない。

「私たちが橋渡し役となって、ペッパーをこんな目的で使いたいという企業とアプリを開発したい企業とを、結びつけていきたいんです。使う人とソフトを作る人とが出会う、いわばプラットホームとなり、来るべきロボット社会のインフラを整えていきたい」

 同社はアプリ開発に必要な技術仕様を公開し、開発には200社が参入。ペッパーとは、これから何かが生まれてくる場、そのものだったのだ。

●やました・ゆみ/五感、身体と社会の関わりをテーマに、取材、執筆。最新刊は当連載から生まれた『なぜ関西のローカル大学「近大」が、志願者 数日本一になったのか』。その他、『都市の遺伝子』『客はアートでやって来る』 等、著書多数。江戸川区景観審議会委員。

※SAPIO2016年2月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
コード式掃除機5分の電気代はルンバ1時間の電気代の2.2倍
日本が直面する人口減少、人手不足でロボット関連銘柄に注目
【キャラビズム】全自動運転、事故が起きた時は誰を告訴?

NEWSポストセブン
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP