ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

巨人「走塁の神様」鈴木尚広 警察沙汰泥沼離婚騒動が法廷へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 昨季V4を逃したうえに、野球賭博問題で3選手が解雇される激震に見舞われた巨人は、高橋由伸・新監督(40)のもと逆襲のシーズンをスタートさせた。その高橋巨人の精神的支柱が、高橋の引退に伴ってチーム生え抜き最年長となった鈴木尚広(37)だ。巨人一筋20年目のシーズンを迎えるベテランは、控え選手ながらも首脳陣、チームメートから厚い信頼をおかれてきた。

 だが私生活では、グラウンドで見せる快足が“泥沼”に嵌っているという。12年間連れ添った夫人との関係が、警察沙汰になるほどにこじれていた──。

 1996年ドラフト4位で福島・相馬高校から巨人に入団した鈴木。プロ入り後は怪我に泣かされ、なかなか芽が出なかった。だが2008年、ゴールデングラブ賞を受賞してブレイク。近年は勝負所での代走に起用される「走塁の神様」として活躍、昨季は代走専門の選手としては異例のオールスター出場を果たした。

 そんな鈴木は飲み会で知り合った妻・A子さん(38)と4年の交際を経て、2003年のクリスマスイブに入籍。翌年には長男が誕生した。鈴木は2010年にプロ野球部門の「ベストファーザー賞」を受賞するほどの子煩悩として知られるが、夫婦関係について相談を受けていたA子さんの友人はこう明かす。

「息子さんが生まれて間もなく、鈴木さんは“泣き声がうるさい”といって家に帰らなくなった。A子が詰問すると“由伸さんも帰ってないからオレも帰らない”と訳のわからない言い訳を繰り返したそうです。また父親に憧れて野球を始めた長男の練習や試合を鈴木さんが観に行くことは一度もなかったと聞いています」

 野球に集中するために、ほとんど家事や育児に関与しない選手は珍しくない。「A子さんはそうした事情も理解して我慢していた」(友人)というが、溝は広がるばかりでA子さんは離婚を決意。2013年夏頃から離婚協議が始まった。そんな中、事件が起こる。

「その年の暮れ、鈴木さんが長男を実家に連れて帰りたいと言い出して口論になり、さらにエスカレートしてしまったそうです」(同前)

 それに身の危険を感じたA子さんは警察に通報。自宅にパトカーが駆けつけた。

「鈴木さんは警察官に取るに足らない夫婦喧嘩だと説明したそうです。A子は警察に事情を説明しましたが、大事にしたくないという思いもあって、このときは被害届を出さなかった。そして2014年10月、鈴木さんが家を出る形で別居状態となったが、生活費を巡っても揉めるようになったこともあって、A子は暴力事件として被害届を提出したんです」(同前)

 そうした事態が続く中で協議は難航し、2015年3月からは裁判所を介した離婚調停に入っているが、「現在も慰謝料と財産分与について主張の隔たりが大きく、なかなか成立しないようです」(同前)。

 離婚調停とDVについて、A子さんに尋ねると「離婚については、いまは話せません」としながらも、警察に通報して事情を説明した経緯は認めた。一方、鈴木の代理人弁護士は離婚調停中であることを認めたうえでこう説明した。

「主な原因が結婚当初からのDVにあると(A子さんが)主張しているとの認識はありません。また、(A子さんが)暴行で告訴した事実はあるようですが、不起訴処分によって事件は終結しております」

 当人たちにしかわからない事情や心情があるとはいえ、夫婦の諍いが警察沙汰になってしまった事態は「紳士たれ」という“巨人軍の規範”には似つかわしくないだろう。泥沼離婚劇がこれから始まるシーズンに影響するようなことがあれば、高橋巨人の船出に暗雲が垂れ込める。

※週刊ポスト2016年1月29日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
野菜と果物中心の食生活で奇跡の若さを手に入れた55才女性
名球会内野手「巨人・鈴木尚広は球界最高の走塁術の持ち主」
離婚のほっしゃん。元妻の親族 一報を聞いて誤報だと思った

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP