ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【独占記事】映画『クリード チャンプを継ぐ男』の続編は2017年11月に劇場公開へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

MGMは映画『クリード チャンプを継ぐ男』の続編の公開を2017年11月に設定している。本紙ヴァラエティの取材で明らかになった。

これは、マイケル・B・ジョーダン主演の第1章となる『クリード チャンプを継ぐ男』がヒットしてからちょうど2年後の公開となる。本作は米ワーナー・ブラザースの配給により全米で興行収入1億500万ドルを記録し、また、シルヴェスター・スタローンが第73回ゴールデングローブ賞の助演男優賞を受賞した。ゴールデングローブ賞の授賞式が行われた1月10日(現地時間)の夜、MGMのCEOゲイリー・バーバーは本紙ヴァラエティに「これが私のゴールだ」と語り、日付はまだ確定していないものの、続編の公開予定について明かした。

もっと見る:【独占記事】シルヴェスター・スタローン、『クリード チャンプを継ぐ男』の続編でロッキーとアポロの再タッグを示唆

もし、同作がこのスケジュールで公開されるのであれば、現在マーベルの映画『Black Panther(原題)』で交渉中にあるライアン・クーグラー監督が再びメガホンを取ることはできないかもしれない、ということになる。

最近の本紙ヴァラエティのカバーストーリーの中で、スタローンはスケジュール次第ではクーグラー監督がエグゼクティブ・プロデューサーを務める可能性があることをほのめかした。スタローンは「ライアンは恐らく2、3年はいないと思う」「成功した作品が続編を受け入れてもらえる状況は、時間とともに少なくなっていく」と語った。

また、スタローンはこの映画が過去と未来を行き来し、アポロ・クリードを演じるカール・ウェザースが戻ってくる可能性があることを明らかにした。「ライアンは未来と過去のシーンを行き来して、ロッキーとアポロの両方を登場させるアイデアを持っている」「彼はまさに『ゴッドファーザーPARTⅡ』のスタイルを考えていて、かなり野心的な作品になるだろう」とスタローンは語った。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP