ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ボブ・マーリーの名言に学ぶ「人生と愛」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

レゲエ好きでなくても、その名前といくつかの名曲は知っているでしょう。ここでは「I Heart Intelligence」に掲載されたボブ・マーリーの言葉を紹介します。1970年代、ジャマイカの政変の中で汚職や暴力に反対し、音楽で人々に大きな影響を与えた人物の言葉に、ハッとさせられるはずです。

01.

「目をあけて見てみろよ。自分の生き方に満足してるのか?」

02.

「雨を感じる人もいれば、ただ濡れるだけの人もいる」

03.

「オレの人生を裁くアンタは何様だ?自分が完璧じゃないことは知ってる。完璧になんて、なろうともしていない。でも、人を指さす前に、自分の手が汚れていないのかよく見てみろよ」

04.

「自分のことを棚に上げて人を裁くな。覚悟がないなら人を裁くな」

05.

「毎日囚われの身として生きる人生なら、自由のために戦って死んだほうがマシだ」

06.

「自分の生きる人生を愛せ。自分の愛する人生を生きろ」

07.

「明日への憂鬱が、今日を輝かせる」

08.

「世界を手に入れようとして魂を見失うな。金や銀よりも、知恵だ」

09.

「男の偉大さは、どれだけ富を得たかではなく、周りにいる人々に前向きな影響を与える誠実さと能力だ」

10.

「オレは黒人にも白人にもつかない。神を信じる」

11.

「彼女が最高なら落とすのはカンタンじゃない。簡単なら、最高とは言えない。彼女に価値があるならキミは諦めない。諦めたなら、キミには価値がない」

12.

「キミは彼女の最初の男でも、最後の男でも、ましてや唯一の男でもないかもしれない。これまでも、これからも、彼女は恋をするんだ。でも、もし彼女がいまキミを愛しているなら、何が問題なんだ?

彼女は完璧じゃない。キミも完璧じゃない。だから、1度でも彼女が笑わせてくれたり、何かを考え直させてくれたり、人間らしさや間違いを許してくれたなら、しっかりと抱きしめてできることを全部してあげよう。

彼女は毎秒キミのことを考えているわけではないけれど、それでも自分の一部をキミに捧げている。

だから、彼女を傷つけちゃいけない。変えようなんてしちゃいけない。期待しすぎちゃいけないし、分析なんてしちゃダメだ。何かしてくれた時には笑顔でいよう。頭にきたときは伝えよう。彼女がそばにいないときは、その寂しさを噛みしめればいい」

13.

「みんなキミを傷つけるのさ。大切なのは、その痛みを受け入れられる人を見つけることだ」

14.

「キミは雨を愛していると言うけど、傘をさして歩く。太陽を愛していると言いながら、日陰に逃げこむ。風を愛しているのに、窓を閉じる。だから、愛していると言われるとこわいんだ」

15.

「風がふけば、愛するものがどこかへ去ってしまうことだってある。だけど、反対に愛せるものを連れて来るときだってある。だから、去っていったもののために泣かなくていいんだ。与えられたものを愛そう。それが本当に自分のものなら、永遠に失われることはないのだから」

16.

 

「音楽のいいところは、打ちのめされても痛みを感じないところだ」

17.

「人生は、無数の標識がある1本の道のようなもの。通るときは難しく考えないこと。憎しみ、悪意、嫉妬から自由になろう。信じたものをないがしろにしてはいけない。理想を現実にするんだ。目を覚ませ、生きろ!」

18.

「自分のために生きてうぬぼれの中で死ぬか、他人のために生きてもう一度生きるのか」

19.

「悪人は1日たりとも休まない。だからオレも休まない」

20.

「精神を解き放とう。心を自由にできるのは自分だけだ」

Licensed material used with permission by I Heart Intelligence

関連記事リンク(外部サイト)

すぐに熱くなっちゃう!情熱家に共通する「20のこと」
仕事・恋愛・プライベート。あなたが現状に満足できない「5つの理由」
ブッダが教える、あなたが持つべき「4タイプの友人」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP