体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

自分の「強み」、正しく認識していますか? よくある勘違いケースと自己分析のポイントとは

自分の「強み」、正しく認識していますか? よくある勘違いケースと自己分析のポイントとは f:id:tany_tanimoto:20160113164518j:plain

「あなたのビジネスパーソンとしての強みはなんですか?」

――そう聞かれたら、あなたははっきりと答えられますか?

ビジネスパーソンとして自分の「強み」を意識することはとても大切です。それを意識しながら仕事に取り組むことで、強みをより効果的に発揮しやすくなり、さらに鍛えることもできます。

ところが、自分の「強み」を正しく認識できていない人は意外と多いようです。

日々、転職相談に応じている転職エージェントのキャリアアドバイザーたちに取材してみると、「自分では強みだと思っていることが、他の人から見るとそれほど評価されないこともある」、逆に「『自分には強みがない』と思い込んでいる人が、他の人にはない強みを持っていることも多い」とのこと。

そこで、自分の「強み」を正しく認識できていないケースや、「強み」を自己分析する方法について、キャリアアドバイザーの皆さんにくわしく聞いてみました。

「資格を保有」「営業成績1位」「目標を100%以上達成」…それだけでは「強み」といえない

「ビジネスパーソンとして、あなたが自信を持っていることは何ですか?」とたずねると、「○○資格を取得しています」「営業で支社1位の成績を挙げました」「売上目標を150%達成して社長賞を受賞しました」などと答える人は多いようです。けれど、「それは『結果』であって『強み』ではない」と、キャリアアドバイザーたちは口を揃えます。

「資格の場合、技術系資格や弁護士・税理士といった『業務独占資格』を除けば、資格を持っているだけではあまり意味がありません。『MBA』ですら評価されないことも多いのです。もちろん、取得した努力、学んだ専門知識、ビジネススクールで築いた人脈などは認められますが、本人が思っているほどには高評価につながらないのが実情です。『資格を学んだことで得た知識・ノウハウをこのように仕事に活かした』という『実践』が伴ってこそ、強みといえます」(キャリアアドバイザー・H氏)

つまり、「有資格者」になったことで満足するのではなく、学んだことを活かして行動することが重要。その「行動力」と、行動によって知識やノウハウを自分のものにしてこそ「強み」といえるわけです。また、「営業成績」や「目標達成」についても、結果ではなく、結果に至るまでの「行動」の方が重要とのこと。

「業績を挙げたことに自信を持っている人に『なぜ、その業績を挙げられたのですか?』と聞くと、『がんばりました』『普通にやったらできました』で終わってしまう人が多いですね。そこで、業績を挙げるために、どんなことを考え、どう行動したか、どんな工夫をしたか、壁にぶつかったときどう乗り越えたか…などをくわしく聞いてみると、細かなエピソードが出てきて、『その人らしさ』が浮き彫りになってきます。その人らしいものの考え方や行動こそが『強み』といえるもの。第三者は、その『考え方』『行動』を評価するのです」(キャリアアドバイザー・O氏)

「逆に、実績が挙がっていなくても、現状に向き合って問題点を分析したり、ものごとを見る角度を変えてみたり、行動を変えてみたりしているのであれば、そうした考えや行動ができることが『強み』だといえます」(キャリアアドバイザー・H氏)

f:id:tany_tanimoto:20160113164521j:plain

自分では「弱み」だと思っていることが、実は「強み」であることも

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。