ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

デヴィッド・ボウイを称えパニック!アット・ザ・ディスコ、収益をがん研究へ寄付

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 5枚目のアルバム『DEATH OF A BACHELOR / ある独身男の死』のリリースを1月15日に控え、12日にロンドンにあるO2アカデミーでコンサートを行ったパニック!アット・ザ・ディスコが、デヴィッド・ボウイの死を受け、同夜のマーチャンダイズの売り上げ全額をイギリスのがん研究チャリティ団体、Cancer Research UKへ寄付したようだ。

 バンドは同慈善行為をツイッターで発表。「ロンドンの皆さん、デヴィッド・ボウイを称えて今夜売り上げたマーチャンダイズの収益を100%、Cancer Research UKに寄付します」と綴っている。

 また、パニック!アット・ザ・ディスコはコンサート中、「ボヘミアン・ラプソディ」のカバーのエンディングでデヴィッド・ボウイの「オー!ユー・プリティ・シング」を少し披露していた。

◎パニック!アット・ザ・ディスコ・ツイッター・アカウント
https://twitter.com/PanicAtTheDisco?ref_src=twsrc%5Etfw

◎Panic! At The Disco cover David Bowie’s ‘Oh You Pretty Things’
https://www.youtube.com/watch?v=DPMpRazI0jA

関連記事リンク(外部サイト)

ティナーシェ、新世代ストリート・プリンセスが5月に初の単独ジャパン・ツアー決定
イマジン・ドラゴンズ 4K&Dolby Atmosによる究極の映像体験!最新コンサート映像が3/2に全世界同日上映
アダム・ランバート来日インタビュー! 最新作『オリジナル・ハイ』、マックス・マーティン&シェルバック、そして自身の成長について語る

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP