ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新潟出身者も認める味。神楽坂で味わえる越後名物に舌鼓

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【旅ブログキュレーションメディアHUGLOG(ハグログ)より寄稿】

皆様ご存知の通り、新潟出身のまちむすめです。小さい頃から味わってきた新潟の食の魅力は上京してからはじめてわかるもの。今思えばとてもありがたい食環境で生活していたのだな、と感じます。


当たり前に食べていた栃尾の油揚げ、お刺身やへぎそば。そんななつかしい新潟の食を神楽坂で味わえると聞いての訪問。

新しいお店のようで、入り口もピカピカ。スッキリした綺麗な雰囲気でお酒がずらりとならんでいます。食前酒が出てきました。

八海山の日本酒でつけこんだ梅酒。すっきりとしていて甘さ控えめ、飲みやすかった!お通しは栃尾揚げと菜の花のおひたし、雲丹のせ。味付けが濃すぎず程よく、お通しの段階でこの店、好きだなと思いました。雲丹がたっぷりで太っ腹感もいい。八海山泉ビールもありますが、このお店の魅力はやはり日本酒。八海山だけでも何種類もあり、飲み比べしてみると味も香りもぜんぜん違って面白かったです。(他の銘柄の日本酒もありますよ。)はじめは「越後で候 青ラベル」。

目の前で瓶を見せながら注いでくれるのが嬉しい。

日本酒とともに八海山サーモンのサラダと栃尾揚げ(しそ納豆)をつまむ。

八海山サーモンは、身がしまっていて臭みがなく、食感も良い。和風のドレッシングでワカメものった和風サラダ。

栃尾揚げは、ネギや辛い味噌バージョンもありましたが私はシソ納豆をチョイス。外側のパリッとした感じが栃尾揚げの独特なおいしさをひきたててくれます。そのまま生姜醤油とネギを添えてシンプルに食べるのもおすすめなおいしい栃尾揚げは私の大好物です。続いて八海山 純米吟醸。

これに合わせたのは白子ポン酢と刺身五種盛り。お刺身は三種盛り、五種盛り、七種盛りがあります。五種盛りにしました。

大きなボタンエビも新潟らしさがでてる! これで2000円はずいぶんリーズナブルに思えます。ノドグロやカマス、鯛など。比較的厚みのあるお刺身で、かなり良いものを提供している感じがします。とてもおいしいお刺身だったので塩でシンプルに食べたいとも思ったのでお塩も出してくれるともっともっと良いお店になると思う!

白子ポン酢。

綺麗な形。口の中でとろける。スッキリ、キリリとした純米吟醸と相性抜群。白子の量もしっかりあって、コスパ面でも満足。「きりんざん ぽたりぽたり」という日本酒。結構甘さを感じ、でもやわらかい口当たりのこの日本酒に合わせたのは蕪の妙高海老マヨネーズ焼き。妙高海老? はじめて聞きました。だって妙高って山だよね? (山、登ったことあるしスキーもした)山で海老ってどういうこと? と興味津々。地下水で育てた養殖海老なんだそう。味を重視した育て方でおいしさが実現。

妙高海老の下には大きな蕪。海老はかりっと揚げたものと茹でたもの。二種類の食感と味わいを楽しめる。ところでもしお酒や食事で迷ったら。店員さんに聞いてみるのも良いかもしれません。私は今回食べたいもの、飲みたいものがありすぎて選べない!! と困ったので店員さんに相談しました。おすすめをしっかりと提案してくれて会話を楽しみながらお酒も食事も味わうことができました。八海山 貴醸酒。食後酒としておすすめしてもらいました。(食前酒に食中酒に食後酒。ずっと飲んでる気もするが)鼻に抜ける濃い香りとふくよかで甘みのある味わいであとまで残る華やかさは初体験。主張が強い個性的な味わいなのに、それが嫌味じゃない。料理とはハッキリいってあまり合わないと思います。このお酒そのものをじっくりと味わうのが良さそう。

新潟といえば「へぎそば」。

海藻つなぎのつるんとしたのどごしの良いお蕎麦は満腹でもついつい食べちゃう。残すかも? と心配していたのが嘘のようにペロリと完食。写真は「中」サイズ。サイズが小と大もあるのでおなかの具合でオーダーできるのも嬉しいポイント。

「水わらび餅きな粉黒蜜がけ」デザートも数種類あります。水わらび餅の食感がしっかりしていておいしいデザート。弾力あるわらびもち。ぷるん、というよりは寒天に近い。色とりどりの煮豆が入っていて綺麗なデザートです。

食後はあたたかいお茶も出してくれて最初から最後までとても丁寧な接客をしてもらいました。あいたお皿はすぐにさげてくれるし、メニューの相談にものってくれました。お店は結構混んでいたので予約してからの訪問が良いのかもしれません。

[越後酒房 八海山]

[寄稿者:まちむすめ]
このブロガーの記事一覧をHUGLOG(ハグログ)でみる→http://huglog.jp/author/machimusume/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP