ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「インド人は赤ちゃんを放り投げる」など。疑問が尽きない世界の奇妙な風習6選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世界には、「取り入れたら良いんじゃないか?」という素敵な風習から、「絶対無理…」と言わざるを得ない、理解不能な風習まで、たくさんあります。

そこで今回は、世界各地にある不思議な風習をご紹介します!あなたが生活に取り入れたいものはどれですか?

 

人を呼ぶ時に「スー!!」と息を吹く(ガーナ)

photo: pixabay

ガーナでは、人を呼ぶ時に歯と歯の間から、勢いよく「スーー!!」と音を出します。

「おい!」と叫んだ方が聞こえそうかと思いきや、この「スー」が人混みの騒音をかきわけて響くのです!

ただし、これには問題点もあります。実践してみれば分かりますが、「スー」とやってみると、周りのありとあらゆるガーナ人が振り返ります。

 

誕生日に一家全員を“ごっそり”祝う(オランダ)

photo by shutterstock

誕生日の友達にメッセージを送ったり、恋人とあったり…色々な祝い方があると思います。

一方、オランダでは少し状況が違っています。なんと、本人ではない人にまで「誕生日おめでとう」ということ。

例えば、夫の誕生日にはご両親に「息子さんの誕生日おめでとう!」という具合です!

 

旅に出る前、皆でギュッと身を寄せ合う(ロシア)

photo by shutterstock

旅行に出かける前には、信じられないくらいにテンションがあがりますよね。

あなたなら何をするでしょうか?カメラの準備、旅行の計画の確認…?一つ忘れていますよ。

家族皆で“ぐわっ”とまとまりましょう。ただ、温もりを感じることだけが目的ではありません。

こうやって、皆で集まって、悪いものを追い払うという意味が込められています!これは、家族団らんの秘訣になるかも?

 

結婚できない若者にシナモンをぶちまける(デンマーク)

photo by shuterstovk

シナモンは好きですか?シナモンをかけた焼きリンゴって、本当に美味しいですよね。

でも、デンマークではシナモンには、少しお気をつけ下さい。ただし全員が気をつける必要はありません。

ここでは、25歳になっても結婚できない人のみがシナモンの洗礼を受けます。男性、女性は問いません。

「あ、明日が25歳の誕生日」と気付いたあなた…気合い入れて、誕生日パーティーに臨みましょう!!

 

凶暴アリで一杯の激痛手袋を装着する(サテレ・マウェ族)

photo by shutterstock

少し、今までとはレベルの違うお話です。正直、危険の一言。

南米アマゾンのサテレ・マウェ族では、「成人の儀式」として強烈な痛みを生むアリがたくさん編み込まれた手袋を装着する儀式が行なわれます。

サシハリアリというこのアリの針にさされると、数日間は痺れが残るとか。

そんな怪物が大量に手に襲いかかるなんて、日本に生まれてよかったですね。成人の日なんて、同窓会するだけですから!

 

泣きじゃくる赤ちゃんを放り投げる(インド)

photo by pixabay

可愛い子には旅をさせろ、という言葉が日本にはありますが、インドの場合は、「可愛い子には宙を舞わせろ」でしょうか。

地上から10m程の高さの、寺院の中から、赤ちゃんを豪快に放り投げる…。もちろん、これは、健やかな未来を願っての(インド南部で見られる)儀式です。

涙をぼろぼろと流す赤ちゃん、変な恐怖症ができないのか、個人的には心配!

 

まとめ

海外旅行をすると、多かれ少なかれ、日本との違いに戸惑います。

いや、実際戸惑ってばかりです。しかし、まさに、これが旅の醍醐味ですね。世界を旅し、「なんじゃこれは」と常識を破壊する中で、私たちは大きな器を手にするのです!

…さすがに、将来、我が子を投げられたら、確実に許しませんけどね。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP