ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マニアが教える『天空の城ラピュタ』ウンチク パズーのトランペット奏者はあの名曲も吹いていた!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1986年に公開されてから今年30周年を迎えるスタジオジブリの名作『天空の城ラピュタ』。ジブリファンの間では、金曜ロードショーにそろそろ来るんじゃないかと去年から言われ続けていましたが、1月15日・22日に行われる「2週連続 冬もジブリ」の15日に放送されることが決定しています。

 今回はそんな『天空の城ラピュタ』にスポットを当てて、ちょっぴりマニア的な視点から軽~い見所なんかをご紹介しちゃいましょう。

【関連:Twitterハッシュタグ「#社畜の城ラピュタ」がSE・プログラマー悲哀と話題】

 天空の城ラピュタと言えば、ハラハラドキドキな冒険活劇もさることながら、それを盛り上げる音楽にも注目ですよね。 その音楽は、前作の『風の谷のナウシカ』からの続投で久石譲さんが手がけています。

 久石さんとの音楽の作りこみに関しては、主に本作のプロデューサーである高畑勲氏が深く関わっており、主題歌である「君をのせて」の作詞にも一役買っております。 劇中で主人公パズーが爽やかな朝のシーンで演奏するトランペットのソロ曲「ハトと少年」は、もはやファンのみならず有名な曲かと思うのですが、これを演奏している方はご存知でしょうか?

 実はこの曲を演奏している方は、爽やかな楽曲「ハトと少年」のイメージとは真逆なイメージを持つ有名楽曲も演奏している方。

 さて、その楽曲とは……? 必殺仕事人のテーマ~「冥土の鈴か、地獄花」!

 演奏者は数原晋さんという超有名なトランペット奏者。「スーパートランペッター」とも呼ばれる方で、沢山の有名曲を担当しています。その中の一つとはいえ、「ハトと少年」のイメージから「殺しのテーマ」のイメージの対比はなんだかちょっと面白いですよね。

 更にいいますと、過去の金曜ロードショーのオープニング曲である「フライデー・ナイト・ファンタジー」(夕焼けの波止場のシーンでトランペットが流れるオープニング)の演奏者でもあります。 必殺仕事人といい、金曜ロードショーのオープニングといい、70年代80年代生まれの人は思わずニヤリではないでしょうか?音楽一つをとっても、いろいろな関連性があって調べてみると楽しいものです。

 さて、今回の『天空の城ラピュタ』の放送は1月15日、22日の「2週連続 冬もジブリ」で放送されることは冒頭ご紹介したとおりです。22日は『魔女の宅急便』が予定されています。 そして毎度恒例、公式ニコニコ生放送では「ラピュタ実況生放送」が決定しています!!!

 MCは自称日本唯一のジブリ芸人こと「いずみ包」さん、準レギュラーのジブリ大好き「うえむらちか」さん、アシスタントはこの記事の筆者「くろすけ」です。最後に宣伝突っ込んですみません。さらにゲストは??……Coming soon…。

 一人でもみんなと観ている感じが味わえるニコニコ映画実況。
今回は『天空の城ラピュタ』でみんなと一緒に盛り上がりましょ~。みなさんの「熱いバルス弾幕!」実況にてお待ちしております!

▼ラピュタ実況
http://live.nicovideo.jp/watch/lv248025023

(文:ジブリグッズ収集家 くろすけ)

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP