ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

都内から90分「大山千枚田」のライトアップが幻想的・・・

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ここは千葉県鴨川市の「大山千枚田」。楽しめるのは、地元農家が代々守ってきた“昔ながらの棚田風景”です。

ただし、普段の景色もさることながら、先日まで開催されたライトアップも素晴らしいものだったのだそう。Instagramには、現地を訪れた人たちが撮影した数々の写真が投稿されています。

約10,000個のLEDによる
ほっこりと優しい演出…

この「棚田のあかり」は、去る2015年10月18日から2016年1月4日にかけて開催されたライトアップイベント。約10,000個のLEDによって生まれた幻想的な夜景が、多くの観光客を楽しませました。

改めて説明すると、「大山千枚田」は千葉県指定名勝のひとつ。約4ヘクタールの急傾斜地に、階段のように大小さまざまな田んぼが連なる風景は、日本棚田100選に選ばれているそうです。

暗くなるにつれて、灯火がぽつりぽつりと目立ち始めるーー。その瞬間が非常に感動的なのだとか!

平野の田んぼとは違い耕地整理が遅れたことが、結果的に美しい棚田を現代に残すことになった模様。

これが昼間の風景。ライトアップもイイですが、「緑」もやっぱり見たい!

ちなみにこの大山千枚田は、房総半島のほぼ真ん中に位置する、東京から“もっとも近い棚田”。ぜひ、次回の旅行先候補に入れてみては?

Reference:あんご通信 大山千枚田
Licensed material used with permission by kaaazu753eee_masadapon_0122yoseayosea kaoriko274

関連記事リンク(外部サイト)

もみじは約3,000本!京都・永観堂の「紅葉ライトアップ」が幻想的すぎる・・・
北海道・美瑛町の「青い池」が、息を呑む美しさ・・・
【羽田から15分】食と音楽にこだわった「旅するホテル」が気になる・・・

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP