体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

圧倒的に「成長する人」と「成長しない人」5つの違い(ビジネス編)

生活・趣味
shutterstock_314449955_2_3

仕事に伸び悩む時期は誰にでもやってくるもの。このままでいいのか悪いのかさえも分からない…。そんなあなたへ、実際に成長する人、成長しない人の特徴を5つご紹介します。そこからスランプを脱出するヒントが見つけられるかも。

1.好奇心がある人、無関心な人

成長

好奇心があるから、その仕事の根本を知ろうし、それによって問題の解決法を導き出したりと、好奇心のある人は仕事っぷりが常に成長していきます。たとえ、一見代わり映えのないルーティン仕事にみえても、好奇心のある人は毎回仕事っぷりがあがっていくでしょう。そしてそれが仕事の失敗も減らすという好循環を生みます。

無関心な人は、あまり周りを見ていないので、次になにが来るか想定できない人が多くなってしまいます。想定ができれば、心の準備、物理的な準備など、先回りして仕事の用意ができ、スムーズな仕事ができるので、周りのあらゆるものに関心を持つよう意識しましょう。

2.失敗から学ぶ人、失敗を恐れる人

経験のない新しい仕事で失敗をするのはある意味仕方がないことかもしれません。ですが、失敗するはずがないと思っていた仕事でも、ミスが出てしまうこともあります。そんなときは周りに申し訳ないと、自分を情けなく思って落ち込んでしまうでしょう。しかし、成功する人はその失敗から学ぶことでき、次へのステップへとつなげられる人です。しっかり原因をとらえて、改善する術を学べば、次は失敗せずよりよい仕事ができるでしょう。

成長しない人は、失敗してしまったら責任をとれない、とりたくないから仕事をしない、となってしまいます。失敗することが仕事だと思って、自分を成長させることができる仕事には積極的にチャレンジしていきましょう。失敗をしてしまったら「何故失敗したのか?どうすれば失敗しないのか?」を考えればいいだけです。

3.相手のことを考えて行動する人、話を聞けない人

shutterstock_299940266_2

仕事は自社の人、取引先、お客様等必ず人がいます。その相手を尊重せず、相手を無視する仕事は、お互いに不幸になるだけでしょう。たとえば、独断で仕事をしてしまえば失敗した時には誰もあなたを助ける人がいません。

仲間の好プレーに助けられることもあれば、予期せぬミスをフォローすることもある、それが仕事です。仕事で成長するためには、相手の状況を考え、どのように仕事を組み立てていくかを考えられることが大事です。また、焦っている人に多いのですが、人の話を聞かないために大きな失敗をしてしまうことがあります。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会