ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

男がドキドキする女~つめたん女子~

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『つめたん女子』とは、“爪”が“短”い女性のこと。ネイルアート全盛の時代に、何もつけず、何も塗らず、常に短く切り揃え、いわば“具無し”の爪を貫く。

そんな今どき珍しい“つめたん女子”を、世の男性たちが花嫁候補として探しているというのだ。一体どんなところが男たちをドキドキさせているのか?

家庭的で炊事洗濯が得意そう

短い爪は、普段から炊事洗濯をバリバリやっていそうなイメージを男に抱かせる。

そのため、男の脳内では「炊事洗濯をこなす⇒家事をやってくれる⇒良妻賢母」という方程式が完成。

そして、女性がアピールする間もなく、「ブラジル人=サッカー上手い」のように、「爪が短い=家庭的」というポジティブな先入観を勝手に持ってくれるのだ。

反対にキラキラしたネイルの女子を見ると、男の脳内では「包丁持たない⇒料理が下手⇒家事放棄」というネガティブ・スパイラルが発動してしまう。

ネイルの良さがわかる男など皆無に等しい。婚活を成功させたいなら爪は短いにこしたことはないのだ。

おねだりをしない

ネイルアートにハマる女性の多くが、デザインを変えるたびに口にする言葉がある。それは「自分へのご褒美」。

こういう人はシンプルに物欲が強く、自分以外の誰か(主に彼氏)からもご褒美を欲しがる傾向にある。付き合ったらきっと、おねだりを連発してくるだろう。

その点、つめたん女子は爪の短さに比例して物欲や所有欲が少ない。爪ですら無駄に伸ばさないのだから、部屋に余計なものはなく、必需品だけで心を満たしているのだ。

そう、言ってしまえば、お金やブランド品になびかない純朴さが、男たちのハートを掴んでいるのだ。

健気に尽くしてくれる

過酷な残業を終え身も心もヘトヘトで帰宅したとき。世の男たちは、つめたん女子とネイルばっちり女子、どちらに出迎えて欲しいと思うだろうか?

きっとほぼ全員が口を揃えて“つめたん女子”と言うだろう。なぜなら、つめたん女子のほうが肩もみや足つぼ等、マッサージで癒してくれそうだからだ。

別に、マッサージを求めているわけではない。そういう彼氏に尽くしてくれる気持ちや健気な姿が嬉しいのだ。片や、爪が長いとマッサージは不可能。

そして、疲れた彼氏よりも自分の爪を優先する傲慢女の烙印を押されてしまうだろう。

関連記事リンク(外部サイト)

“肉食系女子”はごく少数? 7割以上の男性が「自分から告白する」
女子の65%は「肉食系男子」を求める
6割の男性が「3回目のデート」までに告白する

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ホンネストの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP