ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

韓国Enspert、据え置き型Android電話機「S300」を公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

韓国の機器メーカー EnspertがAndroidマーケットをサポートした”ホームメディアフォン”というジャンルの据え置き型Androidタブレット「S300」の開発を8日に発表したそうです。「S300」はIPベースのビデオ通話をサポートしたインターネット電話。一般的なAndroidスマートフォンやタブレットのように、アプリをAndroidマーケットからダウンロードして使用できるそうです。操作はタッチパネルで行います。「S300」はWi-FiはもちろんBluetooth、DLNAにも対応しており、BT機器やDLNA対応機器と連動することができるそうです。スペック等や発売時期等は伝えられていませんが、9月にKTを通じて発売される予定の同じくAndroidベースの「S200」のスペックが7インチWVGAサイズのLCD、 Hummingrid 1GHz、512MBのRAM、Wi-Fi、Bluetooth、地上波DMB、HDMI出力端子、マイクロSDカードスロットなどを搭載するというものなので、S200と同等以上であると思われます。Source : fnnews


(juggly.cn)記事関連リンク
Huawei、アルミユニボディを採用したAndroidスマートフォン「Vision」のデモ動画を公開
Xperia mini pro SK17iで撮影した写真と動画(720p)
Sony Ericsson、解像度1,280×720ピクセルのXperiaスマートフォンを開発中?

juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。