ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

セグウェイが開発!町乗りスクーターにもなるロボット「advanced personal robot」が誕生

DATE:
  • ガジェット通信を≫

あのセグウェイが、家庭用ロボット開発に着手!しかも、乗り物として活用できると聞けば、興奮せずにはいられない。

セグウェイはこの製品を 、先日行われた“CES 2016”にて公開。“advanced personal robot”として、初披露した。

・高度な物体認識と追跡を実現

本体は完全な自律型で、自身の能力で自由に移動する。

インテル製カメラ“realsense RGB-D”が、高精度な物体の認識を実現。障害物に阻害されず、スムーズに動く上、高感度なセンサーと複数のカメラで、位置確認とマッピングを同時に実行しながら、追跡することも可能だ。

既存の家庭用ロボット同様、人間との共同生活に役立つ各種機能も実装。セキュリティカメラとして活用できる他、音楽に合わせて一緒に踊ったり、アプリからコマンドを出して、物を運んでもらうこともできる。

これだけでは物足りないという人のために、機能拡張にも対応。Androidプラットフォーム向けSDKを、オープンソースで公開しているので、自由にアプリケーションを開発すればいい。

・ライディングモードでセグウェイに早変わり!

機能はいろいろだが、特筆すべきはやはり、乗り物に変身するところだろう。

ロボットモードからライディングモードに切り替えれば、町乗りスクーターに早変わり。パワーもスピードも、従来のセグウェイと同等なので、普通の操作で乗りこなすことができる。

プロジェクトは現在、開発キットの研究段階にあり、2016年の第3四半期を目処に、鋭意準備中。早く本物を見てみたい!

SEGWAY/ROBOTICS

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP