ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

特別養子縁組で養子となる子の年齢は?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Q.

 特別養子縁組とは、児童福祉のための養子縁組制度。養子と養親の関係を強固なものにするため、実親との親子関係をなくすなどの仕組みが設けられています。

 さて、この特別養子縁組では養子となる子の年齢は原則として何歳未満となっているでしょうか?

(1)6歳未満
(2)12歳未満

A.

正解(1)6歳未満

 民法817条の5において、養子になるには6歳未満でなければならないとされています。

 ただし、例外として6歳に達する前から事実上養育されていた場合は、8歳未満であれば特別養子縁組を組むことができるとされます。
これは、養子となる子が精神的に成長する前の段階で強固な親子関係を構築させてしまおうとする背景があるためとされています。

元記事

特別養子縁組で養子となる子の年齢は?

関連情報

民法について(3)(コドモ×法律 ~法とコドモの関わりについて)
母の遺産を取り返したい(なっとく法律相談)
連れ子がいる場合の養子縁組はどうすればいいでしょうか?(なっとく法律相談)

法、納得!どっとこむの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP