ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アメリカでの新しい仕事?プロフェッショナルラインシッターとは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: Xiaojun Deng via Flickr (license)

『ソーシャルネットワーク』という映画で印象的な台詞があります。
それは、「ハーバード大学を出ている学生たちは仕事を探すより、仕事を作りたい」というものです。

この映画を見たとき、私はアメリカ文化をまだ十分に理解できておらず、この言葉は「アメリカのすべてはカッコいい(”cool”)」というような、ただのスローガンだと思っていました。

しかしアメリカで暮らしてみると、そうではないと気付きました。ハーバード大学の卒業生だけではなく、頭がいい(”smart”)アメリカ人は、皆この傾向にあります。アメリカはいいアイディアを出せる人が出世できる国だと思います。いつも進展を求めている、たくさんチャンスがあるダイナミックな国なのです。

そんなアメリカで、新たに生まれた数ある職業の中で、最も面白いと思ったのは「professional line sitter(プロフェッショナルラインシッター)」(またはline holderやline standerとも呼ばれる)という仕事です。これがどんな仕事かわかりますか? 答えは簡単です。あなたのために列に並んでくれるのです。頼まれれば、前夜から、もしくは早朝から、あなたが別のことをしている間、もしくはどこかでリラックスしている間、代わりに並んでおいてくれるのです。

イベントに一番早く着くことができたら、様々な利益を得ることができるでしょう! また、この「プロフェッショナルラインシッター」に並んでおいてもらう一時間、自分は仕事をして、プロフェッショナルラインシッターに払う給料よりも、お金を稼げるなら、効率的だと思いませんか?

調べてみると、このような職業がはじめて登場したのはワシントンD.C.。2009年の記事では裁判所の弁護士やアメリカ合衆国会議韻などが、このラインシッターを使っていたそうです。

大騒ぎになるブラック・フライデーのセールやiPhoneのような新しいガジェットの発売が常に注目を浴びており、プロフェッショナルラインシッターの需要が高まりつつあります。なんと「プロ」なら1時間25ドル、または専門知識を誇る会社(特別なコースがあるのかな?)なら40ドルもかかるのです!

参照:The New York Times

Licensed material used with permission by Italiano negli USA
訳:Barbara Casu

アメリカの旅行記はこちら

*安田 咲「3日間で夏のシアトルを遊びつくす!
*Motoko Birkenheier「シアトルでスターバックス巡り / Starbucks Coffee of the City

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP